最近のご質問から
直線上に配置


【質問2】
浄化反応への対処について

マウントフジフラワーエッセンスの「個人や集団の過去を癒す」のフォーミュラを飲み始めて3日目、以前から時々あった箇所に痛みが起こり、その箇所にオーラスプレーも使い、1ビンあけたら嘘のように痛みがなくなりました。悲しみや涙、特に怒りがこみあげ、辛くて止めたくなった頃、フォーミュラが終わりました。あって当然だった胸のつかえがなくなり、深呼吸すると、以前よりとても空気の通りがよくなった感じです。また、その頃愛猫が亡くなり、涙に明け暮れる日々でしたが、死を受け止められた気がします。周囲の人からは、後姿が以前より明るく軽い感じがすると言われ、とても嬉しかったです。マウントフジフラワーエッセンスは、確かにパワフルでした!
その後、ヒーリングハーブの「チェスナットブッド」「チコリー」「ビーチ」のミックスを飲んでいます。1年くらいヒーリングハーブとFES中心に飲んでいますが、怒りばかりが止まりません。爆発はせず、周囲からは平静に見えるらしいのですが。
辛い時は、回数を減らして調整しています。怒りを吐き出す事が大切なプロセスだ、問題解決したい、変わりたいと思うのですが、辛い思いに嫌気がさす時があります。多少の違いはあれ、どのブランドも辛い思いをするのでしょうか?これからもエッセンスを続ける上で、どう付き合えばいいでしょうか。

回答:
質問者の方は、本当によく勉強され、意識的に使用されていますね。
浄化反応がつらい時に回数を減らすのは、基本的使用法のひとつですね。場合によっては、滴数を調整する事もありえるかもしれません。
ヒーリングハーブの場合ですと、緊急時用の「5フラワーエッセンス」を使う事もよくあります。
個人の方によって、その時々の対応は違うかと思いますが、その他、マウントフジフラワーエッセンスについての、一般的な方法をご紹介致しましょう。

まず、マウントフジフラワーエッセンスの場合、その時の浄化反応に対応したミックス内容に、変更する方法があります。つまり、あるテーマで使用して浄化反応が出た時、浄化反応そのもの(例えば怒り)をテーマに扱うわけです。その後は、個々のプロセスにより様々でしょう。再チェックして、最初のミックスに戻ったり、別のミックスに進んだり……。
いつも似たような浄化反応が出る場合は、とりわけ、「それ自体にワークしていくのもいいんだよ」、「もう、見ていく準備は整っているよ」って、お花が指し示してくれているのかもしれません。
マウントフジフラワーエッセンスは、シンプルです。指し示してくれている事に、ただ従えばいいんですね。何かをしようと戦わず、起こる事に寄り添って進んで行きましょう。

また、一部だけ、ミックス内容を変えるという方法もあります。
例えば、浄化反応の軽減によい種類としては、「シャクナゲ(ペイルピンク)」、「ハハコグサ」があります。彼等は、浄化反応に疲れたこころを優しく慰め、元気つけてくれるお花達です。ミックスに加えるか、あるいは、一時的にこれらのみを使うのもいいでしょう。
「スピリッツ」も、自己理解、観照の領域に働きかける事で、浄化反応を乗り越えていくプロセスに立つでしょう。間接的に、軽減にも役立つかもしれません。ミックスに加えても、単体で飲んでもいいでしょう。

マウントフジフラワーエッセンスは、様々なセラピーやエクササイズとの併用も可能です。使いながら、何らかのセルフワークをしていくのもいいでしょう。
感情と共に肉体反応も出ているというのは、感情と肉体がちゃんと交信して、素直に反応してくれているというサイン。肉体に蓄積された感情を解放するようなワークをするといいでしょう。ボディワーク、動き、呼吸、声等で、肉体レベルからも働きかけてみて下さい。例えば、怒りでしたら、枕叩きをするとか、子供が大の字で「ヤダ!ヤダ!」と駄々をこねる動き&声をしてみるとか。
ご自分で難しかったら、個人セッションをお受けになるのもひとつの方法です。セラピストが、浄化反応のフォローをしてくれますし、セッションで、エクササイズをご紹介する事も可能です。
また、オーラスプレーの併用も、肉体反応にとって、とてもよいと思います。

それから、いつも出る浄化反応の対極について、見つめてみるのもいいでしょう。例えば、怒りの反対は?愛、思いやり、慈悲?答は、ひとりひとり違うかもしれません。
同じ浄化反応が激しく出るという事は、それだけ対極のエネルギーも持っているという事。対極のものが、自分自身の内側にある事もまた、覚えておきましょう。それは、ひょっとしたらその人本来の素晴らしさつながっているのかもしれません。いつもつまずく場所の地面を掘ってみると、そこには宝が隠されていたりして……。

また、マウントフジフラワーエッセンスの場合、内服をストップして、外用のみに切り換える方法もあります。オーラにスプレーしたり、お部屋の空間にスプレーするといいでしょう。

それと、浄化反応が出ている時には、ミネラルウオーターをたくさん飲みましょう。インプットされた古い情報を流して、新しい情報が入るよう助けてくれます。ミネラルだけでなく、ビタミンCも、多めに摂取するといいでしょう。
外側からも、シャワーをあびる等、お水を使って、新旧の情報の入れ替えをして下さい。

最後に……。マウントフジフラワーエッセンスの癒しは、エッセンスと使用者の相互協力と共に、進行していきます。浄化反応がどうしてもつらい時には、使用者の自発的な自由意志で、内服を止める選択もOKです。
また、使用を数日間控え、様子を見て、落ち着いたら使用を再開する事も可能です。テイクイットイージー!である事も、時には大切なのです。



【質問3】
多種類のエッセンスを同時に使いすぎる事と浄化反応について

エッセンスの浄化反応がとても強く出ていて、耐えられません。

〔今回のご質問について〕
  1. 複数の方から類似のご質問がございましたので、シンプルな内容に省略しております。あらかじめご了承下さいませ。
  2. 深刻な状態で問い合わせて来た方もおられましたが、既にお知らせしておりますように、大変申し訳ございませんが、弊社お取扱いブランドでない場合は、弊社での対応は出来かねます。お取扱いのところにお問い合わせ頂くのが、一番宜しいかと存じます。その上で、下記内容も、もしもお役に立つようでしたら、ご参考にして頂ければと存じます。
回答:
もう何年も前より、多数の方からお問い合わせ頂いているご質問なのですが、ここ1〜2週間、立て続けに、類似のご質問を頂戴しております。
動き出した春のエネルギーで、私達のエネルギー身体がオープンし、とても感じやすくなっている事もあるのでしょうか。
エッセンスを使用されていく上で、とても大切な事柄でもありますので、HP上にて、改めて取り上げさせて頂きます。
また、お持ちの方は、「バッチ博士のフラワーエッセンスガイドブック」、特に「初期反応について」、「基本的な間違いや疑問についてQ2」の項目を、改めてご参照下さい。

〔ご質問者の方々の使用状況、およびご本人の状態について〕
  1. 使用方法をお聞きしてみると、ほとんどの方(95%以上の方)が、あれこれと、多種類のエッセンスに「同時に手を出しすぎて」おられます。中には、その状態を継続している方もおられます。
  2. また、それと同時に、エッセンスのエネルギー、それ以外のエネルギーも感じ取れる敏感さ、繊細さをお持ちです。
  3. そして、人生の変容の時期におられたり、強いストレス下におられたり、こころのバランスが崩れた状態が続いている方も、少なくありません。つまり、元々繊細な方が、こころのタガがはずれて、より繊細で傷つきやすくなっておられるような状態だと言えるでしょう。
  4. そんな中で、エッセンスに対して、とても強い熱意や情熱(短期集中的、継続的、あるいはその混合=集中した後にお休みして再度集中するような)をもって、使用されている方もおられます。ご自分で、今の状態を何とかしたいと思っておられる、その思いが、結果的に、多種類のエッセンスに同時に手を出してしまう事に、つながっておられるようです。
    焦る気持ちが勝って、多種類のエッセンスをかたっぱしから同時濫用し、かえってご自分を痛めつけてはいませんか。その結果、浄化反応だけが強調されてしまい、望むような結果は得られていないと、ますます焦ってはいないでしょうか。
    人間的に大きく成長していく時期、人生のチャレンジの時期には、一時的にタガが緩みます。こんな時期には、繊細で感じやすい方であればある程、ご自分の緩みに、優しく慎重に接してあげて下さい。焦らずに、ゆっくりと。フラワーエッセンスを使って、小さな小さな一歩一歩を、確実に進んでいきましょう。
〔多種類のエッセンスに「同時に手を出しすぎて」おられる例〕
ごく一部の例ですが、以下のような使用法が挙げられます。また、複数の項目に当てはまる方も、少なくありません。
  1. 短くて1日に何度も〜〜長くて数日ごとに、どんどん、エッセンスの種類を変更し続けておられる場合(ひとつのブランド、ひとつの種類に限らず)
  2. 各ブランド開発者がお勧めしているよりも、はるかに多数の種類を、同時使用されている場合(ひとつのブランドに限らず)
  3. 各ブランド開発者がお勧めしているよりも、はるかに多数のストックボトルを、1本のミックスボトルにミックスされている場合(ひとつのブランドに限らず)
  4. 複数のコンビネーションボトルを、毎日、同じ割合で、同時併用されている場合(ひとつのブランドに限らず)
  5. 異なる様々なブランドのエッセンスから、ミックスボトルを作られている場合
    繊細な方、人生の変容の時期におられる方、強いストレス下におられる方、こころのバランスが崩れた状態が続いておられる方は、フラワーエッセンスの種類が多すぎると、それぞれのエネルギーに反応しすぎて、様々な浄化反応が強く出て、かえって不安定になってしまう場合があります。
    また、異なるブランドの混合については、他ブランドとの混合を勧めていない開発者もおります。混合の相性もあるでしょう。また、ある人にとっては混合してよかったとしても、別の人にとっては、強烈な浄化反応が出る場合もあるのです。
    基本的には、各開発者が勧める使用法に従って下さい。
●フラワーエッセンスとの付き合い方
「トップページの言葉」、「春の盛りにお勧めするマウントフジフラワーエッセンス」にも書いてありますが、春は、私達が抑えていたものを、オープンするエネルギーを持っています。繊細な方、人生の変容の時期におられる方、強いストレス下におられる方、こころのバランスが崩れた状態が続いておられる方にとっては、春のエネルギーと共に、ポイントを絞ったフラワーエッセンスを、必要な期間、じっくりと使っていかれる事をお勧め致します。ご自分の状態に無理のないように、優しく扱ってあげて下さいね。
なお、プロのセラピストの場合、個々の方の状態に合わせて、頻繁にミックスを変えていくケースもございますが、ご自身でそれを行うのは、難しいかもしれません。不安な方、絞りきれない方は、プロのセラピストより、フラワーエッセンスの個人セッション(対面、または遠隔)をお受け下さい。フラワーエッセンスを変えるタイミング、使用法等、個々の方に対応したサポートが受けられるでしょう。特に、長期の状態に働きかけていく場合、こころの健康をかなり崩されている場合は、混乱が起こらない為にも、信頼出来るセラピストに絞って、じっくりとワークしていかれるといいでしょう。

●こころの傷から、多種類のエッセンスを同時濫用してしまう方によいマウントフジフラワーエッセンス
人が自分自身を尊敬し、受容し、価値を認める在り方は、まず、人生の始めの頃に、ごく近しい人々によって、尊重され、受容され、認められる体験があってこそ、育まれていきます。また、青年期には、尊敬できる人々、よき師に巡りあう事も大切かもしれません。
そういった体験を通して、私達は成長し、社会の中で、アイデンティティの獲得と確立の場を持てるようになるのです。
多種類のエッセンスをかたっぱしから同時濫用し、かえってご自分を痛めつけてしまっている場合、その背後には、ありのままを尊重され、受容され、認められる体験への渇望と、それと同時に、自分自身への否定や罪悪感が同居している状態かもしれません。
時には、人は、自分の罪悪感に対して無意識になります。罪悪感がある事に気づかず、「もっとこうならなければ」、「努力が足りない」と、何とかしようと頑張ります。でも、本当に必要なのは、頑張る事ではなく、自分を許してあげる事なんですね。
その第一歩として、まず、自分以外から愛され、許され、尊重され、受け入れられる事を、体験しましょう。
マウントフジフラワーエッセンスハハコグサに、思いっきり甘えて下さい。ハハコグサは、頑張りなさい、気づきなさい、変わりなさい、成長しなさい、なんて言いません。無条件で、そのままを受け入れ抱擁してくれる、ただ慰めて甘えさせてくれるボトルです。
普遍的な聖母意識と関わるこのボトルは、私達の全てが回帰していくような、母性エネルギーを持っているのです。
じっくりと時間を取って、このボトルを通して、甘える体験を受け取って下さい。充分受け取ったら、テーマを絞り込み、これからのミックスを考えていかれるといいでしょう。
こころが疲れきってしまった人、落ち込みが続いている人にも、ハハコグサはお勧めです。

*「最近のご質問から」の「浄化反応への対処について」も、参考になさって下さい。
また、「春の盛りにお勧めのマウントフジフラワーエッセンス」も、ご参照下さいませ。