最近のご質問から
直線上に配置


【質問17】 自分に適切なフラワーエッセンスの使用量、回数、期間の見極めについて

本やインターネットを見て、自分の状態や症状に合うと書いてあるバッチフラワーエッセンスを、使用法に従って何本か使っていますが、何を使っても変化が感じられません。
また、変化がないので、いつ迄使えばいいかの判断も出来ません。
使いたい、使いたくないの感覚的な違いも分からないので、飲むタイミングも分かりません。
とりあえずは、本に書かれた回数で、1本飲み切るようにはしています。
変化が感じられない場合の使用量、回数、期間の指針はないのでしょうか。


回答:
基本的に、フラワーエッセンスは、必要な種類を使用する事で、変化を受け取る事が出来ます。必要でない種類を使った場合、回数や期間を重ねても、変化を感じられないかもしれません。
ですので、今回のご質問は、ご自身にとって的確な種類を使用されているという前提で、お答えさせて頂きます。

フラワーエッセンスの基本的な使用滴数、回数、期間等は、ブランドによって多少異なります。
また、物理成分のあるお薬のように、決められた使用量や回数を守らなければならない、といった事もありません。
花のエネルギーの振動を取り入れる事により、共鳴作用でエネルギーボディ(サトルボディ)を徐々に整えていくフラワーエッセンスは、むしろ、個々の方の状態によって、回数、期間等が異なる事が多いものです。

ご質問者の方がおっしゃるように、使用者がフラワーエッセンスの作用を感じる事が、いつ使用するか、いつ迄使うか、いつ頃に種類を変えるか、といった指針となります。
確かに、ご自分の状態が分からない場合、どう使っていけばいいのか、決めかねる事もあるかもしれません。

基本的には、各ブランドが推奨する平均的な使用法に沿って、根気よく使っていかれるといいでしょう。


それ以外の方法としては、【質問16】 フラワーエッセンスのペンジュラムでのリーディングについてでも取り上げた、ペンジュラムを使用する方法です。

ペンジュラムについて、ここで簡単にご説明しておきましょう。
ペンジュラムは、ダウジングという技術に用いる道具です。
ダウジングは、何世紀も前より、水脈や鉱脈の探知に使われてきました。ダウジングの最初の文献の記述は、聖書の中でモーゼが木の棒を使って水を掘り当てたものだと言われ、日本でも空海が温泉を掘り当てたと言われています。
近代では、水脈、鉱脈、導管、ケーブル線の探知、地雷の発見、ヒヨコの雌雄の識別等、幅広い分野で活用されています。日本のテレビ番組でも、小学校時代のタイムカプセルを探しあてる道具として何度か登場し、見事に掘り当てていました。
このように、見えないものを探す時にダウジングは役立つのですが、それは、内面についても言えます。
ご自身で、どのフラワーエッセンスを選んでいいか頭で考えれば考える程分からない時、何を使っても変化がない時には、頼もしい道具となってくれるかもしれません。

ただし、ペンジュラムを使う際には、感情が利害等が動かない事、ニュートラルである事といった前提があり、その為の環境設定や心身状態の準備が不可欠です。技術として使いこなせるレベルである事が求められますので、ご自身で難しいなら、専門家に選んで頂く事も出来るでしょう。

例えば、日本フラワーエッセンス協会認定バッチフラワーエッセンスセラピストのセッションでは、専門家として、
・使用するにあたってのテーマ設定(カウンセリング)、
・バッチフラワーエッセンスの選択(ペンジュラム *他の技法を使うケースもあります)、
・バッチフラワーエッセンスを使ったヒーリング、
・選択されたバッチフラワーエッセンスの見立て(何故その人に選ばれ、どう役立つのか等)
を行います。
日常に戻ってバッチフラワーエッセンスを使用していく上でも、変化や気づきを受け取る事に役立つでしょう。


ペンジュラムの利点としては、一般的に推奨されている使用法に留まらず、より使用者に寄り添った、オーダ―メイドな使用法を特定出来るという点もあります。
例えば、その方にフィットした1日の回数、1回に使用する滴数、使用期間等を、特定する事が出来ます。ストックボトルからミックスボトルに入れる滴数、最適なミックスする種類の数等も、特定する事が可能です。
それ以外でも、例えば、初期反応が出ない種類だけを選ぶ等、細かい条件設定の下で、選ぶ事が出来ます。
自分を見つめる余裕がない程こころや身体が弱っている時、赤ちゃん、動物、植物、鉱物、空間、モノ等にフラワーエッセンスを選ぶ際にも、とても役立つでしょう。
また、フラワーエッセンスの現物が手元にない場合でも、選ぶ事も出来ます。選ばれた種類の意味を本やパンフレットで読むだけでも、自分自身の状態を理解したり、見つめるきっかけとなるかもしれません。


★ペンジュラムについては、【質問16】 フラワーエッセンスのペンジュラムでのリーディングについても参考にされるといいでしょう。

★回答内のペンジュラムについての説明は、弊社講師の著書書籍「マウントフジフラワーエッセンスとエネルギーの世界―花の"Being"―」より、ごく一部を抜粋、 編集致しました。ペンジュラムについての詳細な説明が、本書に掲載されております。よろしければご覧下さい。

★フラワーエッセンスを選択する為のペンジュラム用のオリジナルチャートが、弊社講師の著書「マウントフジフラワーエッセンスとエネルギーの世界―花の"Being"―」、書籍「バッチ博士のフラワーエッセンスガイドブック」 に掲載されております。

★ペンジュラムの専門的な技法は、「バッチフラワーエッセンス講座」で習得する事が出来ます。

★エネルギーボディ(サトルボディ)については、「バッチフラワーエッセンス基礎講座」「マウントフジフラワーエッセンス基礎講座」で学べます。
また、弊社講師「パビットラのメルマガ連載記事からの役立つ記事」にも、情報が掲載されています。

マウントフジフラワーエッセンスの選択については、サイトの以下から行って頂けます。
・今日のエッセンス
http://www.floweressence.co.jp/reading/
・オリジナルチャート(ペンジュラム用)
http://www.floweressence.co.jp/Essence/MF_OriginalChart.html

【質問18】 フラワーエッセンスの電磁波からのエネルギー保護について 

フラワーエッセンスは、電化製品、電磁波を発するものの側に置かない方がいいと言われていますよね。
現代は、どこに行っても様々な電波が飛び交っていますが、大丈夫なものでしょうか?
一体どこに置けばいいか迷います。

回答:
まず、フラワーエッセンスの外的環境に対するエネルギー耐性は、ブランドによって多少違います。電磁波への対応についても、ブランドによって指針が異なる場合もあります。
基本的には、ブランドごとの指針にそって使用されるといいでしょう。


ご質問者の方が言われるように、現代はお部屋の中も外も、電磁波が飛び交っています。
様々な電波もそうですし、あらゆる電化製品は、使われている時に電磁波を発していますから。

電磁波とは、電気と磁気の両方の性質をもつ光速の波で、送電線や家電製品の周り等、電気が流れるところに発生します。電界と磁界が交互に発生し、波のように空間を移動します。

★電界とは?
電気的な力(プラスとマイナスがくっつく力)が働く空間の事を言います。
プラスとマイナスの電気の間に電圧が生じ、電界が出来ます。電圧が高いほど、強い電界が生じます。
(例:プラスチックの下敷きに髪の毛が吸い寄せられるのは、静電気によって生じる電界によるもの)

★磁界とは?
磁気の力 (N極とS極がくっつく力)が働く空間の事を言います。
小学校の時の実験で、磁石の周囲に砂鉄を撒くとN極とS極の間を結ぶ幾つかの筋が出来ますが、あれは磁界の働きによるものです。
(余談ですが、方位磁石がいつも南北を指すのは、地球が大きな磁石だからです。)
磁界は、磁石だけではなく、電流が流れているものの周りにも発生します。強い電流が流れるほど、その周りに強い磁界が発生します。

日常的な事で言うと、コンセントに差し込んだコードに電圧が生じ、周辺に電界が出来ます。そして、電化製品のスイッチを入れるとコードに電流が流れ、周辺に磁界が出来ます。
電磁波を受けると、例えば、電子レンジだと熱作用が起こり、食品の水分子の温度を上げる等、物理的影響が生じます。

電磁波といっても、1秒間に生じる波の数(周波数)は様々であり、周波数の高いものから、電離放射線(エックス線やガンマ線等)、紫外線、可視光線、赤外線、電波(テレビ、ラジオ、パソコン、携帯電話等)があり、超低周波(送電線や家庭用電化製品等)があります。
これらの中で、私達の身近にあり、生体に悪い影響を与えると話題になっているのは、電波と超低周波でしょうか。高圧線、携帯電話、IH、電子レンジ、パソコン、ドライヤー等で、癌等の原因になると言われています。

携帯電話の電磁波と脳腫瘍の因果関係について、世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC)が、調査結果を発表しました。同時に、現段階の調査では、確かだと立証出来る科学的根拠があると迄は言えないそうです。
超低周波の電磁波が生体に与える影響について、直接的な因果関係は認められなくとも関連は否定できず、予防的な対策が必要だとも発表しています。
科学とは、日々、進化していくものですから、昨日正しいと言われていた説が明日には覆されたり、昨日不明確だった説が明日には証明される、といった事にもなっていくのでしょう。

さて、フラワーエッセンスへの電磁波の影響ですが、「フラワーエッセンスの周波数は繊細なので、電磁波は出来るだけ避けた方がいい」というのが、一般的な見解です。マウントフジフラワーエッセンス開発者は、個人的には、この見解に同意します。
また、「フラワーエッセンスは周波数が高いので、低い周波数の電磁波の影響は受けない」という説もあるようですが、個人的に、花のエネルギーの周波数と電磁波の周波数の高低を単純に比較するのは、ちょっと無理があるかなという気がしています。

とてもざっくりと言ってしまうなら、いわゆる電磁波と、フラワーエッセンスで言うところの測定不可能な微細エネルギーは、異なるものです。フラワーエッセンスの微細エネルギーに、固定した数値化を適用する事は難しいのですね。
また、マウントフジフラワーエッセンスの場合は、作用がより多次元的でもあります。
いずれにしても、フラワーエッセンス自体、現在の科学では証明出来ないものですから、なかなか説明が難しい部分があるのですね。

例えば、周波数の高いエックス線や、高いエネルギーを持つ宇宙線が、生体にいい影響を与えるわけではありません。

携帯電話の電波はテレビの電波と混線はしなくとも、生体に影響すると言われています。
前述のWHOのように、低周波の生体への影響についても同様です。

フラワーエッセンスは、物質ではなく花のエネルギーです。
でも、その情報をインプットさせる媒体はお水であり、防腐剤はお酢やアルコールといった液体、この世界の物質です。

また、フラワーエッセンスのエネルギーは、ボトルをリサイクルする時、一定時間煮沸して、保存されていた花のエネルギー情報を飛ばす事から、熱の影響を受けるとも言えましょう。


マウントフジフラワーエッセンス開発者としての個人的経験から言うと、マウントフジフラワーエッセンスの場合は、あまり電磁波に深刻にならなくても大丈夫かと思います。
例えば、一時的に携帯電話と一緒にバッグに入れて持ち歩いたとしても、エネルギーが破壊される事はありません。

また、他のブランドについては断言出来ませんが、一般的には、お店にフラワーエッセンスが陳列され、環境によってはかなりの電化製品が側にあるわけですが、エネルギーが破壊されて作用しなくなったといった事は、未だ聞いた事がありません。
また、海外製のフラワーエッセンスは、通常、飛行機で日本に運ばれます。飛行機では、地上にいる時よりも強い放射線(宇宙線)を浴びるわけですが、フラワーエッセンスは、鉛の箱に入って輸入されたりはしません。


こういった事から、あまり神経質になる必要もないけれど、出来る範囲で電磁波を避ける、といったスタンスでいいかと思います。

つまり、生体に影響があると言われている電磁波からは、出来るだけ離して保存するという事、長期間、近くに置いたままにしない、という事です。
電磁波の生体への影響を最小限にするには、出来るだけ距離を長くし、時間を短くするという事ですから、フラワーエッセンスも、使用者である私達と同じように扱って頂くといいかと思います。
勿論、磁石の側に保管する事も、避けて頂くといいでしょう。

よく「フラワーエッセンス講座」でお伝えしているのは、フラワーエッセンスを、生きている命あるものとして、大切に扱ってあげて下さい、という事。
どのような状態なら居心地いいのか、自分がフラワーエッセンスならどんな場所に保管されると嬉しいか等、想像力を働かせて、よい環境を作ってあげるといいかと思います。


フラワーエッセンスの電磁波対策としてよく行われている方法としては、アルミホイルでボトルを包むという事。
個人的には、EM製品EMチャック付き袋に入れて持ち歩いています。

その他、フラワーエッセンスの電磁波対策として、どのような方法が機能するか、どの場所に保管するのがいいか等について、ペンジュラムで特定するのもいいでしょう。よりオーダーメイドな対策が立てられます。
【質問19】 フラワーエッセンスの電磁波からのエネルギー保護とペンジュラムについて

【質問18】 では、フラワーエッセンスは電磁波から出来るだけ離して保存するという事が書かれていますが、電磁波がよくないと言われるパソコン等の電化製品から、どの程度離して保管するといいですか。

また、フラワーエッセンスのオーダーメイドな電磁波対策としてペンジュラムを使うという事ですが、具体的にはどのような事ですか。


回答:
●フラワーエッセンスと電化製品との距離について
ブランドによってエネルギー耐性は異なりますので、ブランドごとの指針に沿う事を前提となさって下さい。

一般的には、パソコン、テレビ等から1〜2メートル、最低でも1メートルは離して保管頂くといいでしょう。

また、EM製品には、【質問18】 でご紹介したEMチャック付き袋以外に、不織布で出来たEM健康シートねむるんばという製品があります。通常はシーツとして使用しますが、好きな大きさや形にカットすると、様々な用途で使えて便利です。
電磁波対策だけでなく、例えば弊社では、フラワーエッセンスのボトルをよりよい状態に保つ為に、会場セッティングから講座開始まで時間が空く場合は、ミックスボトル等にかぶせています。
人への電磁波対策としては、印刷室のコピー機等にもかぶせています。
このように、EM製品は、エネルギーの保護、物理的な鮮度を保つといった目的で、重宝する製品であるかと思います。

電磁波の影響という事では、電化製品の側に長期保管しても大丈夫なものが、マウントフジフラワーエッセンスの「浄化外用」と、「防御と浄化と刷新」のオーラスプレーフォーミュラーです。(と言っても、わざわざ電化製品の側に置く必要はありませんが。)
「浄化外用」と、「防御と浄化と刷新」の作用から見てもそうなのですが、マウントフジフラワーエッセンスが従来の太陽法等とは異なる方法で作られている事も、その理由でしょう。


●ペンジュラムについて
フラワーエッセンスのオーダーメイドな電磁波対策を特定するのに、ペンジュラムを活用する事が出来ます。
一般的な指針ではなく、例えば、
・自分の家のどの場所が保管に最適か。
(寝室のクロークの中といった大雑把な特定だけではなく、引き出しの何番目等、細かく特定する事も可能です。)
・パソコンから最低何メートル何センチ離すのがベストか。
といった具体的な条件について、ペンジュラムで特定する事が可能です。

ペンジュラムを使いこなすには、技術に習熟していると共に、使う上での条件や環境設定、機能する上での質問の設定といったものが求められます。
また、何かを明確に特定するといった実際的な事柄に向いていますので、感情や利害関係から濫用したり、何でもかんでもペンジュラムに頼るという姿勢は、好ましくありません。
ダウジングロッド、Oリング、キネシオロジーも同様で、例えば、「AさんとBさんのどちらと結婚すると幸せになるでしょうか?」等の質問をしても、機能しないでしょう。


★ペンジュラムの専門的な技法は、「バッチフラワーエッセンス講座」で習得する事が出来ます。
【質問20】 エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)を使ったヒーリングについて

エネルギーワークをしているプロのヒーラーです。
「エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)」を使ったフラワーエッセンスのセッションを友人から受けたのですが、とても深くて感動しました。
自分のセッションに使えればと思っているのですが、教えて頂けるセミナー等を開催される予定はありますか?
また、ペンジュラムを代用して同じようなヒーリングは出来ませんか?


回答:
エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)の使用法が学べるのは、2012年10月現在の時点で、「フラワーエッセンス講座」のみとなっております。
将来的には、講座やワークショップの開催を考えておりますので、大変申し訳ございませんが、しばらくお待ち下さいませ。


さて、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)は、微細エネルギー解剖学の見地に基づいて体系化されたヒーリングツールです。

ペンジュラムの中でも、パワーストーンが用いられたものをチャクラヒーリング等に使う事がありますが、これは、パワーストーンの作用を活用した「クリスタルヒーリング」の一種だと言えます。
また、特殊なペンジュラムを、ヒーリングに用いる事もあります。

それに対して、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)は、ペンジュラムヒーリングとは違ったものであり、クリスタルヒーリングでもありません。
使い方も形状も、ペンジュラムとは異なります。

エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)に使われているクリスタルは、同じく使われているシルバー925と共に、その形状や質を通して、ヒーリングの為の補助的な環境設定として役立てられています。


一般の方でも、フラワーエッセンス、あるいはジェムエッセンスやカラーエッセンスをはじめとするヴァイブレーションエッセンス、精油やオイル等の化粧品や食品等に、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)を幅広くご活用頂けます。
エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)とこれらの製品を使って、製品が持つエネルギーを、最大限に効率的に、対象(人、ペット、モノ、土地、部屋、空間等)にインプットする事が出来るでしょう。
また、エネルギーを強める、動かす、解放する、浄化する等が可能です。


プロ仕様のテクニックとしては、より細やかな環境設定があり、エネルギーボディ(サトルボディ)の異なる次元に働きかける事が可能となります。
ご質問者の方が報告して下さったように、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)によるヒーリングは、深い瞑想的な次元へと誘います。クライエントのみならず、セラピスト自身も。


弊社の「マウントフジフラワーエッセンス講座」「バッチフラワーエッセンス講座」には、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)によるヒーリング技法の習得が含まれています。
フラワーエッセンスによる90〜120分のフルセッションにこのヒーリング技法を組み込む事が可能であり、体系化もされています。
また、遠隔ヒーリング、空間浄化や結界創造の為の使い方、風水的な活用法も、習得します。


このように、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)は、対面でのヒーリングだけでなく、幅広い分野で活用する事が出来ます。
例えば、過去のトラウマの癒し、未来に予定されている出来事へのサポート、離れた場所や人へのヒーリング、家の敷地のエネルギー調整等が可能です。

エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)は、エネルギーワーク、ボディワーク等のセッションに、広く役立てる事が出来るでしょう。
エネルギーに体感的に敏感で、邪気をかぶる事での影響を恐れるセラピストやボディワーカーには、エネルギーの影響を受けにくくなる点からも、役立つかと思います。

将来的には、講座やワークショップで、これらの活用法をお伝え出来ればと思っております。


★エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)は、以下からお求め頂けます。
◎マウントフジフラワーエッセンスストックボトル、10ミリスポイトボトル
http://www.floweressence.co.jp/shop/cgi/item.cgi?item_id=QF01&ctg_id=MP&page=1
◎バッチフラワーエッセンス用
http://www.floweressence.co.jp/shop/cgi/item.cgi?item_id=QB01&ctg_id=HH&page=1



【質問21】 フラワーエッセンスとの付き合い方について

「直観的に気になるものがあれば、積極的に色々なものを使っていくといい」とあるところで言われて、フラワーやそれ以外のエッセンスを長い間使用してきましたが、何も変化しません。
自分に合っていないボトルを選んだからだと思い、選び直したボトルを使っても、変化しません。
また、使っていてもすぐに飽きてしまうボトルも多く、直観的に新しい種類に変えています。
メンタルクリニックにかかっていましたが、今は行っていません。
貴社の「フラワーエッセンス講座」を受けた方と知り合って、貴社に聞いてみる事を勧められました。
マウントフジフラワーエッセンスにも興味があるので、効果的な使い方について教えて下さい。

★弊社注:
個人情報を保護させて頂く上で、伺った内容を簡略化しております。


回答:
今回のご質問を頂いて、類似したエピソードを思い出しました。
個人情報が漏れない範囲でご紹介させて頂きながら、回答させて下さい。

通信販売の新規のお客様で、最初から、頻繁に、様々なブランドの様々なエッセンスを購入する方がおられました。
ご家族で使われていたり、ボランティア活動に活用されていたり等、個々の方によって状況が違いますので、担当者は「よく買って下さる方だな」くらいに思っていました。

ある時、ご注文の際に書き添えてあった文面を見た担当がおかしいと感じたらしく、相談を受けました。
緊急性も感じた事から、エッセンスのご説明をさせて頂く為にご連絡しました。
(基本的には、滅多にないケースですが)

ご家族の方がお電話に出られ、「サイキック能力がある等、本人の気分がよくなる事を言われてメンタルクリニックに行かなくなった。勧められるままにエッセンスを購入し、使いかけになっているボトルが数百本部屋に転がっている状態」、「こころのバランスを崩しているのに必要な治療を受けず、必要でないものを次々と購入し、行けもしないセミナーを次々と予約して支払っている」との事でした。

医学的対応を勧めずに放置され、必要でないものを勧められた結果、状態が悪化しているご様子でした。

どこにも相談出来ない状況で切羽詰まっておられたらしく、使用者の状態、ご自身のお気持ちについてもお話しされ、「こんな風にきちんと対応してくれたところは、貴社だけだ」と言われました。

ですが、エッセンスを取り扱っている会社の責任として、明らかにおかしい状態に対して、当然の対応をさせて頂いただけの事でした。
それよりも、悪化する迄ずっと放置されていた事に、驚きました。


エッセンス、とりわけフラワーエッセンスは、確かに、メンタルなバランスを整えるのに役立ちます。
ですが、医療の代わりになるものではなく、フラワーエッセンスを使えば医学的対応を受けなくていい、といった事はありません。
お医者様に行かれ、フラワーエッセンスを使いたいと説明した上で許可を頂き、必要とされる薬物療法や心理療法と併用されるといいかと思います。
それが、安全な使用法です。


メンタルな領域でバランスを崩されている場合、フラワーエッセンスだけではなく、全体的な治療計画として、安全性を配慮する必要があるかと思います。
たとえフラワーエッセンスに副作用や依存性がなくても、使用者によっては、関わるもの全て(モノ、人、環境等)に、依存的になってしまう事もあるでしょう。
ですから、通常の使用法と比較して、石橋を叩いて渡るような地道な使用法の方が、適している場合もあるかもしれません。


マウントフジフラワーエッセンスの使用法については、パンフレット、書籍等を読まれて、基本指針に従って下さい。
ご不明点があったら、いつでもご遠慮なく質問なさって下さい。

マウントフジフラワーエッセンスの場合、設定したテーマや状況によっては、短期間で種類を変えていくケースもあります。
ですが、初めての使用者様で、メンタルなバランスを崩されている場合は、テーマを明確に設定した上で、まずは最低2週間は同じ種類を使用し、様子を見られる事をお勧め致します。


また、ご自身で適切な種類が選べないなら、個人セッションを受ける選択肢もあるでしょう。使用法、疑問点等についても、セラピストから説明を受ける事が出来ます。

ハートサポートシステムでは、対面または遠隔で個人セッションを承っております。セッション後の経過に対するフォローアップが無料で付いている個人セッションもございますので、よろしければご活用下さい。
●対面セッション
http://www.floweressence.co.jp/Session/FlowerEssence.html#F
http://www.floweressence.co.jp/Session/Pavitraa_1.html#1
●フラワーエッセンスの遠隔セッション
http://www.floweressence.co.jp/Session/FlowerEssence_e.html#F


それから、マウントフジフラワーエッセンスの場合、マウントフジフラワーエッセンスと自分がどのように付き合っているか、関わっているかの在り方が、使用者が自分自身とどのように向き合っているか、関わっているかの雛型として、分かりやすく表現される事が少なくありません。
例)期待しすぎる、結果を求めすぎる、最初から諦めがち、否定的に観る、等。

こういったメッセージに対して、注意深くある事が大切です。
時には、とても象徴的な出来事を通して、教えてくれる事もあるでしょう。
また、必要なら、その事をテーマにして、使用する事も出来ます。

対自分だけではなく、対他者や環境との関わり方が、表現される事もあります。
例)出来ていない側面に目が行く、浸入される事に抵抗する、相手や環境を責める、等。

マウントフジフラワーエッセンスの使用過程において、フラワーエッセンスとの関わり方、普段のご自身との関わり方を、注意深く観察する事は、地道に使用していく事、変化を認識する事の後押しともなるでしょう。


★「フラワーエッセンスに関するご質問」内にも、役立つ質疑応答が複数あるかと思います。
以下ページのタイトルをご覧の上、ご参照下さい。
http://www.floweressence.co.jp/Essence/EssenceQATop.html

フラワーエッセンスのブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」の「日々のつぶやき」内、メンタルな領域でバランスを崩されている方のフラワーエッセンスとの付き合い方もご参照下さい。
【質問22】 フラワーエッセンス講座の模倣について

貴社の「フラワーエッセンス講座」ですが、他団体の講座の名称を無断で使い、内容も模倣しているとアナウンスしているところがあるようです。
事実誤認だと思いますので、正確な情報を公で提示してほしいです。
是非よろしくお願いします。


★弊社注:
弊社の「フラワーエッセンスプロ養成講座」修了生の方から頂戴したお問い合わせです。
心配されていたので、同じようにご心配をおかけしている方がおられたら大変申し訳なく、以前にも類似のお問い合わせを頂いた事もあった為、今回、取り上げさせて頂きました。

似たような件については、ハートサポートシステムサイト内の「大切なお知らせ」と、日本フラワーエッセンス協会サイトにも同文を、ご提示させて頂いておりました。
今回の件については、何らかの被害に遭ったといったお話が今迄なかった為、特には提示していなかったのですが、今回、アナウンスさせて頂く事と致しました。


回答:
弊社は、日本で初めて「フラワーエッセンス講座」を行い、その当時から現在迄、
「フラワーエッセンス基礎」
「フラワーエッセンスプロ養成」
の講座名称を、ずっと継続して使っております。

また、内容につきましても、模倣はされておりますが、模倣はしておりません。

ですので、どうかご安心下さいますようお願い致します。

★今回の内容は、「大切なお知らせ」にも追加させて頂きました。
「大切なお知らせ」に提示の内容に関して、もし何かご心配やお困りの事がございましたら、弊社で出来る対応はさせて頂きますので、ご遠慮なくご相談下さいますようお願い申し上げます。

【質問23】 各種「フラワーエッセンス講座」の特徴について(主旨・習得技法・取得資格・活用)

各種「フラワーエッセンス講座」の特徴について(主旨・習得技法・取得資格・活用)、詳しくご説明下さい。

◎各種「フラワーエッセンス講座」で習得する技法について、どのように役立てられるか
◎「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」(マウントフジ&バッチフラワー合同)の主旨と設けた意味、習得する技法の利点と活用のヒント
◎「マウントフジフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」・「バッチフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」の主旨と設けた意味、習得する技法の利点と活用のヒント
◎「マウントフジフラワーエッセンスプロ養成講座」・「バッチフラワーエッセンスプロ養成講座」の主旨と設けた意味、習得する技法の利点と活用のヒント


回答:

★弊社注:

各種「フラワーエッセンス講座」に関して皆様から頂いたご質問をおまとめして、2つのブログ
「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」
「フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディー(サトルボディ)・カラー」
内に、いくつかの記事として掲載させて頂きました。
下記よりご覧下さい。


◎各種「フラワーエッセンス講座」で習得する技法について、どのように役立てられるか
5月に開催の各種「フラワーエッセンス講座」のメリットは?◆ご質問にお答えします

◎「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」(マウントフジ&バッチフラワー合同)の主旨と設けた意味、習得する技法の利点と活用のヒント
「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」の主旨について「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」を設けた意味

◎「マウントフジフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」・「バッチフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」の主旨と設けた意味、習得する技法の利点と活用のヒント
「フラワーエッセンス基礎講座(パート2)」(マウントフジ・バッチ)の主旨について「マウントフジフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」「バッチフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」を設けた意味

◎「マウントフジフラワーエッセンスプロ養成講座」・「バッチフラワーエッセンスプロ養成講座」の主旨と設けた意味、習得する技法の利点と活用のヒント
「フラワーエッセンスプロ養成講座」(マウントフジ・バッチ)の主旨について「マウントフジフラワーエッセンスプロ養成講座」「バッチフラワーエッセンスプロ養成講座」を設けた意味


★関連記事
バッチフラワー ・ その他のブランド (世界のフラワーエッセンス、ヴァイブレーションエッセンス)内
【質問31】 2013年5月に改編の各種「フラワーエッセンス講座」の内容と資格について
もご参照下さい。


〔各種「フラワーエッセンス講座」の参考資料〕
2つのブログに、各種「フラワーエッセンス講座」に関する記事がアップされておりますので、参考になさって下さい。
(該当記事は、テーマ「フラワーエッセンスの講座」に分類されております)
フラワーエッセンスのブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧
ブログ「フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディー(サトルボディ)・カラー」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧

【質問24】 「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」(マウントフジ&バッチフラワー合同)をスキップして「フラワーエッセンス基礎講座(パート2)」(マウントフジまたはバッチフラワー)から参加する際の基準について

「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」(マウントフジ&バッチフラワー合同)に今回はスケジュール的に参加出来ないので、「フラワーエッセンス基礎講座(パート2)」(マウントフジまたはバッチフラワー)から参加したいと思っています。
フラワーエッセンスの基本知識があれば「フラワーエッセンス基礎講座(パート2)」から参加し、中級マウントフジフラワーエッセンスセラピスト資格が取得出来ると書いてありますが、具体的にどの程度の知識があればいいですか。


回答:

★弊社注:

こちらのご質問については、ブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」内に、記事として掲載させて頂きました。
下記よりご覧下さい。

「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」をスキップして「フラワーエッセンス基礎講座(パート2)」に参加可能な基準について


〔各種「フラワーエッセンス講座」の参考資料〕
2つのブログに、各種「フラワーエッセンス講座」に関する記事がアップされておりますので、参考になさって下さい。
(該当記事は、テーマ「フラワーエッセンスの講座」に分類されております)
フラワーエッセンスのブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧
ブログ「フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディー(サトルボディ)・カラー」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧

【質問25】 各種「フラワーエッセンス講座」を行う資格を取得する道のりについて

「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」(マウントフジ&バッチフラワー合同)、「フラワーエッセンス基礎講座(パート2)」(マウントフジまたはバッチフラワー)、「フラワーエッセンスプロ養成講座」(マウントフジまたはバッチフラワー)を、いずれは自分で行う資格はとれますか?


回答:

お問い合わせ、ありがとうございます。

各種「フラワーエッセンス講座」、およびそれに準ずるグループワーク(ワークショップ等)を行う「リーダーフラワーエッセンスセラピスト」資格を取得する為の、「フラワーエッセンスリーダー養成講座」がございます。

この講座は、初級、中級、上級の3つの段階で構成されております。
講座の各段階と資格につきましては、日本フラワーエッセンス協会認定リーダーフラワーエッセンスセラピスト資格取得をご覧下さい。


また、ブログ内にも、記事として掲載させて頂いております。
講座の主旨、理念等について書かれておりますので、ご覧頂ければと思います。

ブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」内・・・各種「フラワーエッセンス講座」を行う資格「リーダーフラワーエッセンスセラピスト」の道筋


★関連記事
以下のブログ内の記事も、あわせてご覧頂くといいでしょう。
ブログ「フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディー(サトルボディ)・カラー」内・・・日本フラワーエッセンス協会認定フラワーエッセンスセラピスト様、協会会員様に向けて・・・5月に改編される各種「フラワーエッセンス講座」への再参加、新たな資格取得について


〔各種「フラワーエッセンス講座」の参考資料〕
2つのブログに、各種「フラワーエッセンス講座」に関する記事がアップされておりますので、参考になさって下さい。
(該当記事は、テーマ「フラワーエッセンスの講座」に分類されております)
フラワーエッセンスのブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧
ブログ「フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディー(サトルボディ)・カラー」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧

【質問26】 心療内科、精神科に通院中の場合の各種「フラワーエッセンス講座」への参加と資格取得について

「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」(マウントフジ&バッチフラワー合同)、「フラワーエッセンス基礎講座(パート2)」(マウントフジまたはバッチフラワー)、「フラワーエッセンスプロ養成講座」(マウントフジまたはバッチフラワー)のそれぞれについて、心療内科、精神科に通院中でも参加する事は出来ますか。
また、その後に、日本フラワーエッセンス協会認定のフラワーエッセンスセラピスト資格を取得する事は出来ますか。


回答:

★弊社注:

こちらのご質問については、ブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」内に、記事として掲載させて頂きました。
下記よりご覧下さい。

心療内科、精神科に通院中の方の各種「フラワーエッセンス講座」へのご参加について


〔各種「フラワーエッセンス講座」の参考資料〕
2つのブログに、各種「フラワーエッセンス講座」に関する記事がアップされておりますので、参考になさって下さい。
(該当記事は、テーマ「フラワーエッセンスの講座」に分類されております)
フラワーエッセンスのブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧
ブログ「フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディー(サトルボディ)・カラー」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧
【質問27】 各種「フラワーエッセンス講座」への連続参加、通信講座への編入参加について

各種「フラワーエッセンス講座」に参加したいのですが、段階を上がって行く際、特に連続開催の集中講座の場合は、続けて一気に参加した方がいいのでしょうか。
また、「バッチフラワーエッセンス講座」の上の段階の講座を、通信講座で受ける場合、エネルギーのトランスミッションはどうなりますか。


回答:

★弊社注:
こちらのご質問については、ブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」内に、記事として掲載させて頂きました。
下記よりご覧下さい。

5月の連休に開催される各種「フラワーエッセンス講座」の連続参加、編入参加について


〔各種「フラワーエッセンス講座」の参考資料〕
2つのブログに、各種「フラワーエッセンス講座」に関する記事がアップされておりますので、参考になさって下さい。
(該当記事は、テーマ「フラワーエッセンスの講座」に分類されております)
フラワーエッセンスのブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧
ブログ「フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディー(サトルボディ)・カラー」
*「フラワーエッセンスの講座」記事一覧
【質問28】 フラワーエッセンスセッションでのレイキの活用について

ブログ「フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディー(サトルボディ)・カラー」に掲載されていた、日本フラワーエッセンス協会がご提供する良心的参加費のレイキ&レイキの利点と活用を読みました。
バッチフラワーエッセンスやマウントフジフラワーエッセンスのセッションに、レイキで学んだ事を役立てる、あるいは活用する、具体的な例を教えて下さい。

★弊社注:
今回のご質問者様は、日本フラワーエッセンス協会認定フラワーエッセンスセラピストさんです。
フラワーエッセンスセラピストの方、また、各種「フラワーエッセンス講座」を受講された方にも役立つ内容である為、ご本人のご承諾の上で掲載させて頂きます。


回答:

★弊社注:
こちらのご質問については、ブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」内に、記事として掲載させて頂きました。
下記よりご覧下さい。

レイキのフラワーエッセンスセッションへの活用について
【質問29】 花のエネルギーとは何かについて

フラワーエッセンスは花のエネルギーという事ですが、そもそも花のエネルギーとは何なのでしょうか。
私にはオーラ等も見えませんが、そんな私にも分かるものなのでしょうか。


回答:

★弊社注:
こちらのご質問については、講師による雑誌執筆記事の中に、関連した記事を掲載させて頂きました。
下記よりご覧下さい。

花のエネルギーとは何か?