最近のご質問から
直線上に配置


【質問15】
女性性の傷について

女性性と男性性についての説明を拝見しました。
女性にも、内側に男性的なエネルギーがあって、内側で女性エネルギーと男性エネルギーのバランスがとれると、恋愛や異性関係にもバランスがとれていくということでした。恋愛のパターンには、両親との問題に働きかけるものもよいということでした。
私の父は昔気質で、家では暴君的な支配者で、父が白と言えば黒いものも白でした。母は、間違ったことを言われても口答えせずに黙って父に従うタイプで、私は、父の言うことが理不尽な時でも、母にかばってもらったことがありませんでした。正確に言うと、「お父さんの言うことを聞きなさい」という感じのかばい方でしかありませんでした。
「女性と男性」を飲むことで、私の育った家庭環境が、彼との問題に強く影響を与えているとわかってきたことに驚いています。
黙って耐えていた母のようにはなりたくないですが、普段はそうでもない彼が、私との関係になると、彼の中にある父親に似た部分が引き出されてしまっている気がします。私の中に男性に対する強い怒りや憎しみがあって、抑えていることもわかってきて、母から受けついだもののような気がしています。家庭環境からこうむった影響から、少しずつでも自由になっていきたいです。

回答:
ご相談者の方は、「女は〜〜すべき」、「〜〜すべからず」といった、古風なお家の教育を受けて、育たれたという事ですね。
古い時代から、女性は、男性より下位の存在であるとみなされてきました。
こういった「女性らしさの信じ込み」は、あまりにも長く続いた為、中には、あたかも当たり前の考え方であるように、受け止められているものもあります。文化や習慣として、固定してしまったものもあるでしょう。私達は、男性も女性も、こういった信じ込みの中で生活しています。セクハラやDVの背後にも、古い時代の条件付けが、見え隠れしているのではないでしょうか。
現在は、女性らしさや男性らしさに対する信じ込みを、教育の場でも、取り除いていかねばという方向に向かっていると聞きます。信じ込みの中にドップリとはまってしまった私達が、どう働きかけていけばよいのかと、模索している時期なのかもしれません。

さて、広い意味合いでの条件付けの多くは、それがこころのレベルであれ、頭のレベルであれ、身体のレベルであれ、振る舞いのレベルであれ、生きのびる為、自分を守る為のものでした。自分を守ってくれる方法を知った時、私達は、やり続けます。たとえ、それが最適な選択ではなかったとしても……。
例えば、ハートが傷つく体験を何度もした人は、ハートを守る為に丸まった姿勢になり、人との交流を避ける事で自己を保ちます。愛する存在から暴力を受けた人は、自分自身を否定し、自分が悪いのだと思う事で、愛が本物だと信じようとします。
女性達も、虐げられてきた環境の中で生きやすいように、男性に自ら従ったり、劣っている方が愛されるのだと思うような「生きのびる知恵」を、存在の深く迄、集合的なレベルで染み込ませてしまったのかもしれません。女性の敵は女性、女性の足を引っ張るのは女性だとも言いますが、これもまた、私達全てが持っている共通の痛みから来ているのかもしれません。それは、ご相談者の方にも、お母様にも、これを読んでいる人達の中にもある傷なんですね。

女性性によいストックボトルに、マツヨイグサがあります。以前、海岸の近くに咲くマツヨイグサを見たのですが、海からの強い風に倒れぬよう、背がとっても低くなっていました。あるいは、背の低いマツヨイグサが、その環境の中で生き残っていったのかもしれません。
生きのびる為に、自然界がもたらした、あるいは自然界以外がもたらした環境に自分を合わせ、様々な生物は、世代を重ねながら変化していきます。その変化が、他の生物の変化へと影響を与える事もあるでしょう。
この世界では、様々なものが絡み合いながら、部分や全体に変化をもたらしていきます。女性も、男性も、花も、猫も、鳥も、魚も、石も、それぞれが違うけれども、みんながつながって生きてもいます。全ての物事はお互いに依存しあい、独自では成立出来ないのです。

では、どこからが「自然な本来の女性らしさ」で、どこからが「不自然な条件付けの女性らしさ」なのでしょうか。
例えば、ピンクは、母性本能を刺激し、保護してあげたくなる色です。お肌にも、よい影響を与えます。子供を産む事にも、男性の愛を得る事にも役立つピンクは、「女性の色」に条件付けられています。ピンクを女性色とするのは、自然でしょうか、不自然でしょうか?
マウントフジフラワーエッセンスは、この種の質問に、グルグルと入り込んでしまう為のものではありません。花達は、人間の教育や政治の領域には、全く無頓着なのです。

陰と陽、女性と男性、静と動、影と光、裏と表、この世界には、たくさんの対極、二元性があります。全てが、二元性から成り立っていると言ってもいいくらいです。そして、良い面の反対側には、必ず悪い面があります。
マウントフジフラワーエッセンスは、ひとつの極から対極に移行する為、あるいは、対極にあるものと戦う為のものではありません。勿論、現象面として、ある極から別の極への変化をもたらす事は少なくありませんが、その背後には、二元性の中にいる事の気づきへの誘いが、隠されています。つまり、ひとつの捕われから別の捕われへと移行するのではなく、捕われている事をジャッジせず、気づいている事へとシフトさせてくれます。
それは、二元性が溶け合う高みの領域、魂の領域から、物事の在り様を見ていく事かもしれません。教育、政治、科学の世界は、進歩し変化していきます。でも、完全なる宇宙や意味がまず存在し、それを表現する為に、私達も含めた様々なもの、二元性の世界が現れ出て来たという見方だって出来るのです。花達も、私達も、宇宙を表現している姿です。

マウントフジフラワーエッセンスは、ある見方では、同じ事柄でも、らせん状に、様々なレベルに働きかけていくと言えます。時には現象の領域に、時には気持ちの領域に、時には気づきの領域に、時には二元性の領域に、時には二元性を超えた領域に……。らせん階段の何階にワークするか、あるいは、何階迄ワークしていくかは、個々の方、テーマ、時期、タイミング等によって変わっていくでしょう。もし、ご相談者の方に、「女性と男性」を続けたいお気持ちがおありなら、まだ、このボトルのワークは終わってはいません。ボトルと一緒に階段を登り、自分自身を掘り下げていきましょう。

【お勧めするマウントフジフラワーエッセンスの例】
集合的な領域を含め、広い意味で女性性に働きかけるには、以下の種類がいいでしょう。
  • 女性性・・・女性と男性、マツヨイグサ、メイゲツソウ、ムシトリナデシコ、キリ、美しさとダイエット等。
  • 男性性・・・女性と男性、シロバナタンポポ等。
  • 女性性と男性性の調和と統合・・・女性と男性、イタドリ、フキノトウ、ボケ、マルバアオダモ等。
(詳しくは、「最近のご質問から」の「女性性と男性性について」もご参照下さい。)

また、家族の問題をテーマに働きかけるには、「個人や集団の過去を癒す」がいいでしょう。
以下のストックボトルも、家族の問題に対応しています。
ただし、先祖や家系レベルの問題については、単体ではなく、以下の3種類をミックスして、違う切り口から同時に働きかけていく事をお勧めします。
  • キブシ・・・母子に共通している等、家系や家族が持っている似た傾向や問題、2〜3世代の間で繰り返されているパターンに。サオトメカズラやヤマザクラが、歴史や血縁の中での個としての自由に焦点を合わせているのに対して、キブシは、集団そのものを対象としています。家族を一塊の生きた存在として扱い、個々をつないでいる接着剤の部分や集団構造のエネルギーを、変容させてくれるのです。家族というエネルギーフィールドが抱える深い問題が、子供等、弱くて感受性の鋭い者に、象徴的に表れている時にもいいでしょう。
  • サオトメカズラ・・・私達は、血のつながりを通して、個として実際に体験していない事柄からも、無意識のレベルで引っ張られる事があります。権威主義的な曽祖父に対する祖母の憎しみに同調している等、実際に会った事のない先祖からですら、影響を受ける事も。サオトメカズラは、自分以外に属している感情を解放し、今現在の自分自身へと焦点を当てられるようにしてくれます。もしも、原因が思い当たらない心理や行動パターンがあるなら、サオトメカズラを試してみるのもひとつの方法でしょう。
  • ヤマザクラ・・・3世代前以前から続いている一族全体の問題、家系のカルマに。例えば、男性が早死する女系家族等に。歴史ある古い家に生まれ、個より家が重んじられている等、個としての自由な選択が制限されていると感じる人にも。集合的な傾向や歴史のエネルギーの影響から、自由になる事を促してくれます。才能という側面では、先祖から受け継いだ長所や能力が、個を通して開花するようサポートしてくれるでしょう。
らせん階段を登った時、らせん階段自体、元々存在していなかった事に、気づく時がやって来るかもしれません。



【質問16】
死別の際、見送った人々に役立つフラワーエッセンスの使用法について

「Prem Chivitraa(死後のプロセスに光をもたらす)」ですが、見送った側(遺族)に役立つ使用法を教えて下さい。

回答:
大切な存在を亡くしてしまった時、どんなにつらくても、努力、後悔、戦い、何をしても、死という事実を変える術はありません。これ程明白な事実である死ですが、それにどう対面していくのか、明白で正しい答はありません。
死は、誕生と同様に、私達が受け入れていかねばならないプロセス。でも、愛する存在であればある程、理屈では分かっていても、気持ちがついていかないものです。そんな時、「Prem Chivitraa(死後のプロセスに光をもたらす)」が役立ちます。人間だけでなく、大切なペットとの死別にもいいでしょう。
まず、プロセスを通り抜けていく時、大切なのは、ありのままの感情を認めて、解放してあげる事。たくさん泣く事を、自分自身に許してあげましょう。このボトルが、抑える事なく涙が起こるのを許し、涙の浄化をうながしてくれます。この時期は、ミネラルウオーターをたくさん摂取して、お水の浄化の力ももらいましょう。自分を弱い存在のように思え、何かの支えやサポートが必要だと感じた時には、日に何度でも、このボトルからエネルギーを受け取りましょう。ボトルを持ったり、一緒に寝たり、話しかける事も、助けになります。
また、愛する存在の死に対して、「〜〜してあげればよかった」、「〜〜するべきでなかった」といった罪悪感や後悔が出て来た場合は、逝った存在が、スムーズに死後のプロセスを進んで行く助けの為にも、このボトルを使いましょう。少し離れて見られるようになってきたら、罪悪感や後悔が起こった時には、一緒にいてくれて楽しかった事、たくさんの愛を与えてくれた事、生を教えてくれた事、死を教えてくれた事への感謝へと、少し意識してシフトしてみましょう。
物質界、霊的世界の間に位置するハートチャクラ。ボトルをハートチャクラ(胸の中央)に当てて、深い息をしながら、ボトルのエネルギーを、充分ハートに受け取って下さい。充分受け取ったら、次に、ハートを通して、逝った存在へと降り注ぎます。「〜〜してくれて、ありがとう」等、感謝の気持ちを言葉に出してもいいでしょう。愛や感謝の気持ちを送ってあげる事は、あなたが助けられるだけでなく、逝った存在の助けにもなるのです。色や光として、ボトルのエネルギーをビジュアライズしてもいいでしょう。その時に自然に感じる「愛の色」、「感謝の色」で構いません。あるいは、輝く白、虹、ゴールド、バイオレット等もお勧めです。
また、日々の生活の中で感じるぽっかり空いた空虚さは、逝った存在とあなたのつながりが大きければ大きい程、大きな穴となっているかもしれません。その空間にも、愛と感謝の光を満たしてあげて下さい。
それから、逝った存在の為にも、初七日、四十九日、百か日、一周忌等、節目の時には、意識的にボトルを使うようにしましょう。古より言われている節目の日は、死後のプロセス、言い方をかえると、エネルギー身体のレベルにとって、重要な時です。
死を受け入れていく事に役立つのは、「時」の働きです。このボトルは、まず、逝ってしまった存在との思い出、今を生きる自分自身が、平和共存していけるように助けてくれます。死後のプロセスの様々な段階で、時間が受容へとスムーズに向かえるよう、働きかけてくれるのです。
時のプロセスの外では、死が再生のプロセスでもある事、終焉ではなく移動や変化である事、魂は永遠である事への理解と信頼へと、あなたの視点を向けてくれるでしょう。
時を超えた再会を願う人にとっても、このボトルは役立つでしょう。
もし、死別の問題で、家族や家系等、集合的な問題、カルマ的な問題が絡んでいる場合は、「個人や集団の過去を癒す」も、考慮されるといいでしょう。まず、逝った存在、見送った存在の為に「Prem Chivitraa(死後のプロセスに光をもたらす)」を使い、一周忌等の節目の後、あるいは見送った人のこころの整理がついた後に、集合的な問題に働きかけるこのボトルに変えていくのもいいでしょう。時空を超え、集合的なレベルで、祈り、赦し、守護をもたらしてくれます。
「Prem Chivitraa(死後のプロセスに光をもたらす)」の使用法については、ちらしも参照されるといいでしょう。



【質問17】
幼少期のトラウマを癒すハハコグサについて

「多種類のエッセンスを同時に使いすぎる事と浄化反応について」の質疑応答に出て来た「ハハコグサ」について、詳しい情報を知りたいのですが。幼少期のトラウマに、いいんですよね。子供の頃に、尊重され、受容され、認められた体験がほとんどなくて、いつもそこでひっかかってしまうので。

回答:
【幼少期のトラウマに】
ハハコグサのキーワードは、《母の愛》です。
ハハコグサの開花時期は、大体3月から6月くらい。田畑や道端で、白い綿毛で覆われた優しい黄色の花を、もうすぐ目にする事が出来ます。でも、中には、季節に関係なく、秋も冬も花咲かせている、とってもたくましいかあちゃんのようなハハコグサもいるようですね。
ハハコグサの古名は御形と言って、春の七草に入れられています。昔は、ハハコグサの若芽を、よもぎのかわりに、お餅や七草粥に入れていたそうです。
ハハコグサのフラワーエッセンスは、その名の通り、お母さんの愛、普遍的な母性エネルギー、聖母意識と関係しています。それは、個人個人のお母さんというよりも、私達の全てが回帰していく、根源の母なるエネルギーのようです。
ハハコグサは、トネアザミやワレモコウ等、他のマウントフジフラワーエッセンスとは違うやり方で、幼少期の問題に働きかけてくれます。「私の胸の中で安心しなさい」と、傷ついたインナーチャイルドを、穏やかに慰めてくれるのです。お母さんのような愛の中で、安心して泣く事、甘える事の体験をうながしてくれます。
愛を素直に表現出来ない、異性や同性と関われない、子供やペットに暴力的になってしまう等、過去の両親との関係が原因で、愛情や対人関係に問題を抱えている人にいいでしょう。繊細で傷つきやすい人、自分の気持ちやこころの傷をなかなか表現出来ない人には、とりわけ助けになります。
また、ハハコグサは、私達が、何かのきっかけで、自分では見たくない部分や触れられたくない事柄について、他者から一方的に指摘された結果、不快な思いや混乱だけが残り、どうしたらいいか分からなくなった時にも役立ちまず。自分自身の否定的な部分を見つめる事が、今はつらいと思う時にも。
ハハコグサは、勿論、子供達にも使用出来ます。愛情のコミュニケーションが上手くいかない等、お母さんとの問題のある時にいいでしょう。また、お母さんが過去の自分を癒す事で、我が子への接し方が変容する事から、お母さん自身も、同時にこのフラワーエッセンスを使用されるといいでしょう。

【浄化反応に使う際の追加として】
「多種類のエッセンスを同時に使いすぎる事と浄化反応について」で説明したような、たくさんのフラワーエッセンスを同時濫用してしまう人の中には、これと似た関係を、フラワーエッセンス以外とも結びがちの人もいるでしょう。ニューエイジジプシー、ドクターショッピングのごとく、セラピー、ヒーリング、占い、パワーグッズ、グル、友人……。様々なものと、似たような付き合い方をしていませんか。勿論、こういった一時的な熱意と情熱が、大きな成長の加速へとつながる、意味あるステップである事も少なくありません。でも、何かが違うような、達成感のない空しさがあったり、かえって混乱して訳がわからなくなってしまったなら、ちょっと立ち止まって、付き合い方を見直してみるのもひとつの方法かも。こういった時にも、ハハコグサと一緒に一休みして下さい。
また、浄化反応が強く出た為、自分にはフラワーエッセンスを受け取る準備が出来ていない、自分とは相性がよくないと感じてしまった時にもいいでしょう。

【植物達が教えてくれる人間や世界の見方】
もうすぐサクラの季節です。
まだ寒い富士山に入った時、50センチ程の岩の上に種を落とし、発芽し、岩に小さな根を張った、小さなフジザクラの木に出会った事があります。いびつで安定しない岩の上で、丈が伸びて倒れてしまわないように、小さな幹をくの字に曲げて、大地や重力とバランスを取りながら、清らかな花を咲かせていました。
このフジザクラのように、植物達は、周りの自然環境と協調し、育っていきます。
日当たりの悪い場所に飛んだ種は、細くて頼りない茎をひょろひょろに伸ばして、一生懸命、太陽を捜します。大地から切り離された切花達だって、窓から差す太陽の光をたくさんもらおうと、茎の角度や花の向きを変えていきます。
茎がひょろひょろに曲がっている植物を見て、「間違っている」と思う人はいないでしょう。
私達人間も、環境に合わせて成長していきます。過去のトラウマでこころを閉ざした状態も、両親の愛情で明るく前向きに育った状態も、それぞれの人が、その環境の中で、「まっすぐに」生きてきた姿です。
それぞれの植物も、それぞれの人も、ふたつとないユニークな存在であり、神聖さの体現であり、尊重され、受容され、認められる存在なのです。
この世界観が、ハハコグサが与えてくれる幼少期への働きかけなんですね。
(言葉の世界では、マウントフジフラワーエッセンスのそれぞれの意味について、様々なレベルでの働き、多彩な領域や角度から表現していきますので、どうしても二元論的な表現も多々あります。でも、その背後にあるのは………。)
マウントフジフラワーエッセンスを通して、植物達や自然界から、世界の見方や在り方を、たくさん教えてもらっています。花や石や猫の方がよっぽど人間よりエライぞ、と密かに思いつつ、ワークしています。

*ハハコグサの情報については、「多種類のエッセンスを同時に使いすぎる事と浄化反応について」から、「こころの傷から、多種類のエッセンスを同時濫用してしまう方によいマウントフジフラワーエッセンス」も、再度ご参照下さいませ。