最近のご質問から
直線上に配置


【質問21】
ヒーラーという仕事のサポートになるマウントフジフラワーエッセンスは?

ヒーリングの仕事をしていますが、仕事や私生活で金銭や人間関係の現実的な問題に直面すると、わけもなく鬱な状態になります。このパターンが人生や仕事に影響しないように、手放すサポートとなるマウントフジフラワーエッセンスはありますか。
「防御と浄化と刷新」は必需品で使っていますので、それ以外で教えて下さい。

回答:
霊的な世界と現実世界の統合には、「霊性と物質世界を統合する」が役立ちます。ヒーラーの方にとっても、重宝されるボトルです。説明を読まれて、もし、ご自身の状態と重なるようでしたら、試してみられるのもいいでしょう。

より直接的で浅い領域には、「鬱な状態」によい種類を使用するという方法もあるでしょう。
また、例えば、他者の感情に巻き込まれやすい、センタリングが必要、現実世界を低いものと見なす傾向がある、霊的な事への極端なこだわりがある、過去のトラウマが原因である等、ご自身で気づかれている要因がおありでしたら、それらに対応する種類もよいかと思います。
ただ、今回のご質問者の場合は、もう少し違う角度からのご相談かと思います(注:プライバシーの都合により、詳細は省略させて頂きました)。

そこで、「スピリチュアルな事柄に直接的に関わるお仕事」という事に焦点を当てられるのでしたら、以下の組み合わせも考慮されるといいでしょう。
この組み合わせは、生活の中に占める仕事の比重が、時間的にも精神的にも大きく、なおかつ、霊的な事を、直接的に仕事とされている方に役立ちます。こういったお仕事の場合は、仕事でもあり、プライベートでもあり、学びでもあり、生活そのものでもありと、仕事とプライベートといった風に、はっきりと分断出来にくい部分が多いのではないでしょうか。
生活の中で、霊的なものと切り離された時に否定的になるパターンには、「ニラ」、「ノビル」、「マルバハギ」、「リンドウ」、「スピリッツ」の組み合わせをお勧め致します。
この組み合わせは、いわゆる「俗世間」の問題にふりまわされて、霊的なものとのつながりを失った時に、怒り、イライラ、落ち込み、悲しみ、うつをはじめ、心身の状態が否定的になってしまう方に役立ちます。
また、この組み合わせは、あらゆるレベルにおける痛みの消去、浄化、解毒に作用します。否定的状態になった時にハートチャクラがしめつけられる等、特定の部位に痛みや否定的な感覚が起こる場合、その部位に、スプレーを併用されるといいでしょう。
この組み合わせは、とりわけ、霊的な事を伝える、癒す、指導する等、天と地に橋を架ける学び、霊的な目的を地上で形作るという課題を、お仕事を通して行っている方を助けてくれます。例えば、ご質問者のようなヒーラーさんをはじめ、セラピスト、宗教家、著述家、芸術家の方等にいいでしょう。
ちなみに、この5種類は、第5チャクラ、第5身体にワークする際の組み合わせである「ニラ」、「ノビル」、「マルバハギ」、「リンドウ」の4種類に、「スピリッツ」を加えたものです。霊的な仕事に携わっている方の中には、第5チャクラが発達しているケースが少なくありません。
第5チャクラは、コミュニケーションやクリエイティビティと関係している事で知られていますが、霊的世界と関連する上位チャクラの最初の座、個の意思を大いなるものに委ねる座であり、自由意志の座でもあります。また、覚醒、内的宇宙の領域である第5身体は、二元性、個のレベルでの問題や軋轢、感情や思考への同一化の消滅と関わっています。(注:チャクラや身体の分類の仕方は、神秘家、瞑想者、スクール等によって違います。あくまで弊社マウントフジフラワーエッセンス講座での分類という事を、あらかじめご承知頂いた上で、ご自身の経験を優先下さいませ)
否定的な感情のパターンに対して、下位のチャクラやハートチャクラにワークしても変化しない時には、この組み合わせを試してみて下さい。もしかしたら、否定的感情は、天を地に降ろす仕事をしながら、天と地の間にいる個としてのジレンマ、欲求不満に陥っている事からきているのかもしれません。そういった場合には、この組み合わせが、広い範囲で働いてくれるでしょう。
また、もし、この組み合わせがフィットする場合、オーラフィールドにスプレーすると、瞬時にエネルギーの変化を受け取れる事も少なくありません。痛みを感じるチャクラ等、特定の部分の周辺には特に念入りにスプレーして下さい。そして、深い呼吸をしながら、吸う息と共にエネルギーを内面に取り込み、吐く息と共に、内外に広げましょう。
この組み合わせの中に入っている「リンドウ」は、様々なエネルギーレベルでの痛みに役立ちます。ヒーリングに携わっておられる方は、お仕事において重宝されるかも。
また、「マルバハギ」は、過去世で霊的な仕事に携わり、指導的な役割をしていたり、何かを伝える役割をしていた人が、今世において、また別の切り口でそのレッスンを継続している事に、気づかせてくれるフラワーエッセンスです。現実世界の問題で否定的な気持ちになり、逃避したくなった時にいいでしょう。勿論、「マルバハギ」は、特別意識のエゴや自己同化を増長するものではありません。ただの普通の人である事、あたりまえの人である事、あるがままの自分自身に対する愛と受容をもたらし、今ここにいる等身大の自分を受け入れる為のフラワーエッセンスなのです。



【質問22】
浄化用のマウントフジフラワーエッセンスについて
外側からエネルギーの影響を受けやすいので、「防御と浄化と刷新」には、日ごろからお世話になっています。
浄化用として日常的に使っているのですが、使っているうちに、自分と外界との距離の取り方や、自分の態度にも何かあるのではと気づきはじめました。「防御と浄化と刷新」を使いながら、こんな自分のパターンに対しても、何か使い始めたいのですが。
「マルバアオダモ」の「浄化されていないものに過剰反応するあなた」という説明が、自分の態度に当てはまりますし、「4つの霊的守護」の組み合わせにも、「否定的なものへの過剰反応の傾向を取り除く」とあり、惹かれるものを感じます。
また、免疫力のシリーズは、「自分自身と外界との関係の葛藤によい」ということですが、「マルバアオダモ」との違いを教えて下さい。

回答:
【マルバアオダモについて】
「マルバアオダモ」は、白く細い糸のような繊細な花を、円錐状に密に咲かせます。4〜5月、初夏が開花期ですので、最近、山の中でこの花に出会った方もおられるかもしれませんね。
「防御と浄化と刷新」にもブレンドされている「フジ(ツボミ)」が、《防御の鎧》を作ってくれるのに対して、この「マルバアオダモ」は、過剰な防御を解いてくれるフラワーエッセンスです。「防御と浄化と刷新」を日常的に使われているご質問者は、《防御の解除》というキーワードを持つ「マルバアオダモ」にも惹かれたのですね。対照的なキーワードのこれら2本のボトルですが、興味深い事に、そのどちらもが、エネルギーに繊細な方のサポートになるのです。
「マルバアオダモ」を必要とする人は、日頃から、ご自分のお部屋や持ち物、あるいは内的世界を、とても大事にされる方です。物理的であれ内的であれ、ご自分に属するスペースを、自分にとってここちよい波動、あるいは浄化された波動に保つ事にこころを配ります。例えば、ご自分のお部屋に、エッセンス、石、お香、タリズマン等、美しく神聖なモノを集めた、祭壇のようなスペースを持っているかもしれません。また、他者のスペースにも繊細で、お友達のパワーストーンに許可なく触れないような、気遣いをする人もいるでしょう。
そして、自分以外のもの、エネルギー的に合わないもの、浄化されていないものにスペースを侵害される事に対して、恐れや嫌悪感があり、肉体的にもエネルギー的にも、敏感に反応します。好ましくない何かが自分のスペースに進入して来た時には、一生懸命取り除こうとするでしょう。例えば、「防御と浄化と刷新」のオーラスプレーをふんだんに使ったり、オーラの層を撫でて振り祓おうとしたり、パワーストーン等の防御用ツールをいつも身につけていたり。
ここ迄読まれて、「あ、それってわたしみたい」と思われた方は、「マルバアオダモ」と仲良くなる可能性有りです。フラワーエッセンス使用者の中には、フラワーエッセンスのエネルギーが感じられるからこそなのでしょうか、エネルギーに敏感で繊細な方が、少なくありません。また、その繊細さが、役に立つ事もあり、困る事もありといった方も。ご自分の繊細さや敏感さを、愛してもおられるし、持て余してもおられるのですね。
「マルバアオダモ」は、見るからに繊細さを絵に描いたような方から、一見固く防御が強そうでいて、実は中味がとても優しく柔らかな方迄、幅広く役立てられるボトルでしょう。
繊細さには、防御が必要です。でも、時には、浸入への恐れ故に防御が過剰すぎて、自らのエネルギーの流れを留めてしまい、うまく循環しなくなる事もあるのです。そのエネルギーや態度の在り方が、人間関係、出来事の展開、豊かさ等のスムーズな循環にも、影響を与える事もあるでしょう。
防御の鎧で自分を締め付けすぎている、鎧を着けっぱなしだと感じた時には、「マルバアオダモ」のサポートをもらいましょう。
このフラワーエッセンスは、とても繊細なレベルを、柔らに優しく刺激します。余分な防御を取り外すと共に、それによって滞っていたエネルギーを、細やかに通してくれるでしょう。このフラワーエッセンスは、鎧をはずす事と浄化する事を、同時に起こしてくれるのです。
「マルバアオダモ」は、きめ細やかな浄化用として、チャクラの滞り、部屋の四隅の澱みをはじめ、人、環境、モノ等、様々なところに利用出来るでしょう。
思春期の子供の刺々しい不安定な感情や、大人になるとまどいや抵抗の軽減にも。また、瞑想やセラピーの最初に使う事で、エネルギーを通して広げてくれます。
また、様々な溜め込みや滞り、あるいは浄化や解放と関わる問題に働きかけるマウントフジフラワーエッセンスと、組み合わせる事も可能です。例えば、表現の抑圧、チャクラの滞りによい「オオキンケイギク」と併用すると、「オオキンケイギク」のダイナミックな作用に、細やかさが加わります。「豊かさと成功」の使用前に「ウワミズザクラ」と併用すると、下地作りとして、豊かさを受け取れるスペースを創造してくれるでしょう。

【免疫力スギ花粉、免疫力ヒノキ花粉について】
「免疫力スギ花粉」、「免疫力ヒノキ花粉」は、仲直りのボトルです。
自分のスペースを守る為に、より能動的に、不調和や攻撃として、過剰反応してしまうパターンに。その鎧は、防御の為には戦わねばという鎧、自他にとって強すぎる鎧、自他との調和を欠いた鎧と言えるでしょうか。
「免疫力スギ花粉」、「免疫力ヒノキ花粉」は、他のエネルギーとの間に起こった争い、葛藤、軋轢に対して働きかけてくれます。浄化というよりは、よい意味での防御や境界線を保った上で、外側との波長合わせや調和をもたらす事に、焦点をあててくれるボトルだと言えるでしょう。
前述の、「一見固く防御が強そうでいて、実は中味がとても優しく柔らかな方」、自分と合わないエネルギーに対して攻撃的になった結果、自他と不調和になってしまう方等には、「免疫力スギ花粉」「免疫力ヒノキ花粉」に、「マルバアオダモ」を併用されるといいかもしれません。この組み合わせが、自分自身の内側との波長合わせにも働いてくれるでしょう。



【質問23】
季節とマウントフジフラワーエッセンスについて
マウントフジフラワーエッセンス「今月のお勧め」、それとトップページを見ていると、特定の季節や月のエネルギーに合ったフラワーエッセンスを使う場合は、日本の季節や月のエネルギーと同調するという点で、日本で誕生したマウントフジフラワーエッセンスがいいのかなと感じています。

回答:
細かく言うと、フラワーエッセンスには、花のエネルギーだけが含まれているわけではありません。
花が開く事を含め、植物の生育の全プロセスには、その土地のエネルギー、そこにある水のエネルギー等、様々な自然界のエネルギーのサポートが必要です。天から植物に降り注ぐ光や惑星のエネルギーもまた、彼等の生育に関わっています。そして、丁度よい時期に必要なエネルギーが働くようにと、様々なエネルギーを見守っているエネルギーもあるのです。
様々な種類の様々な領域のエネルギーを、妖精、精霊、デーヴァ、エンジェル等と呼ぶ人もいるでしょう。

また、日本の象徴である霊峰富士には、自然界のみならず、幾重ものエネルギーが関わっています。それらもまた、マウントフジフラワーエッセンスが、日本人とより同調しやすかったり、アウェアネスや瞑想へとうながす要因となっていると言えるでしょう。が、今回はご質問に添って、季節と月という側面でのみ説明させて頂きます。

昔の日本の人々は、自然界のエネルギーと協調して生きていました。
昔から行われている季節の習慣や祭事の中には、今も深い意味や知恵が残されているものも少なくありません。そして、その季節の花が飾られる事も多いものです。
また、木芽月、花見月、卯月、早苗月、紅葉月等、その時々の植物の姿として、その月が表されています。

特定の季節や月が持つ個性や力を考慮の上で、マウントフジフラワーエッセンスを使用する事は、日本の時の周期のエネルギーのサポートを、よりパワフルに受ける事となります。つまり、マウントフジフラワーエッセンスにインプットされたエネルギーと時のエネルギーが、それに協調しようとするあなたという存在の中で融合し、より高まった状態で、すんなりと安定してくれるわけです。それは、特別な事ではなく、ただ素朴に自然に従って生きるという事につながっていくのかもしれません。

桜が春に咲き、スイカが夏に実を結ぶ背後には、たくさんの目に見えない働きがあります。私達のこころも身体も、季節によって変化します。花も私達も、自然界のエネルギーのサポートを受けているのです。
現在は、一年中、季節のお花を入手出来ますし、季節の食べ物も手に入るようになりました。でも、その土地の旬のものを食べ、その季節に添った生活をする事が、エネルギーの協調とサポートといった側面からも、より快適なのかもしれませんね。
ふさわしい季節や月に、マウントフジフラワーエッセンスからエネルギーの旬を味わう事もまた、マウントフジフラワーエッセンスのおいしい頂き方です。「今月のお勧め」を参考に、是非、個人個人で工夫してみて下さい。



【質問24】
マウントフジフラワーエッセンス「フォーミュラー」を使用しています。舌下にたらすとかなり酸っぱいので、お水、ハーブティ、フルーツジュース等にたらして飲んでいます。酸っぱさを軽減する他の飲み方、薄め方があれば、教えて下さい。
また、冷麺等の食べ物にたらして、食べてもいいですか。
夏になったら、たらしたお水を製氷機で凍らせて、アイスキャンデーにしても問題ないですか。

回答:
とてもクリエイティブな方なのでしょうか、ユニークなご質問、どうもありがとうございました。
さて、マウントフジフラワーエッセンスの場合ですが、1日あたりの回数、1回あたりの滴数が妥当であれば、基本的にはどのように希釈されても問題ありません。フォーミュラーからミネラルウオーター等にたらし、更に希釈されると飲みやすいでしょう。
以下に、いくつか方法を挙げておきますので、参考になさって下さい。可愛いペットへの流用も可能です。
なお、以下は、あくまでマウントフジフラワーエッセンスに有効な方法です。ブランドによっては、エネルギーが低下してしまう事もありますので、ブランドごとの使用法に従うようにして下さい。

【液体への希釈】
基本的には、液体への希釈の場合、ミネラルウオーターを一番にお勧めしております。
●方法1
フォーミュラーのボトルから、スプーン1杯〜グラス1杯のミネラルウオーターに、1回分の滴数である4〜5滴をたらします。液体が多い場合(希釈度が高い場合)は、一口ずつ口に含みながら、ゆっくりと全部を飲みほしましょう。飲みほしたところで、1回分使用した事となります。
また、お水のかわりに、ハーブティー、フルーツジュース等の飲料にたらしてもいいでしょう。暖かい飲物、冷たい飲物、どちらでも問題ありません。
飲んだ直後のエネルギー身体の変化を、五感を通して楽しみたい方は、コーヒー等、カフェインの多い飲物、刺激の大きい飲物は、避けられた方がいいでしょう。
●方法2
1日に確実に飲む量のミネラルウオーターのボトルに、1日に使用するミックスボトルの総滴数をたらします。
例えば、1日に1リットルのミネラルウオーターを飲み、1日最低4回、毎回5滴をミックスボトルから使用されるなら、1リットル入りのミネラルウオーターのペットボトルに、ミックスボトルから最低でも20滴(=1回5滴×4回分)をたらして下さい。
使用回数が4回以上になる可能性をあらかじめ考慮し、たらす滴数は、20滴よりも多めにしておかれると便利でしょう。
このペットボトルから、1日最低4回、一口ずついったん口に含んでから、ゆっくりと飲んで下さい。1日でペットボトル1本を飲みきる事で、1日あたりの使用をクリアした事となります。
飲む際には、ゴクゴクと一気に飲まないように。ハーブティー、フルーツジュース等のペットボトルでも結構です。
また、ボトルのキャップには、直接口をつけない方がいいでしょう。エネルギーの保護という側面からは、冷蔵庫への保管は避けた方が賢明です。なるべく涼暗所に保管し、衛生面にご注意の上、1日で飲みきって下さい。

【フォーミュラーのボトルからの直接飲用】
このマウントフジフラワーエッセンスのオリジナル法は、ちょっぴりお行儀が悪そうな飲み方です。が、以外に便利な方法です。
フォーミュラーのボトルから4〜5滴を、口内にたらします。
たらした後、すかさずミネラルウオーター、または他の飲物をそこに一口程飲み足して、口の中で希釈し、少し含んでから飲み込みます。

【食べ物にたらす方法】
マウントフジフラワーエッセンスの場合、出来上がった食べ物であれば、暖かくても冷たくても構いません。食べる直前に、フォーミュラーのボトルから、4〜5滴をたらして下さい。
ただし、マウントフジフラワーエッセンスを取り入れた直後にエネルギーを感じたい方は、刺激の大きい食べ物、エネルギー的に重い食べ物(お肉やジャンクフード等)は、避けられた方がいいでしょう。
なお、マウントフジフラワーエッセンスをたらした食べ物を製氷機で凍らせたり、煮込んだりするのは、微細なエネルギーを保護する上で、避けられた方がいいでしょう。
基本的に、マウントフジフラワーエッセンスの場合は、調理時ではなく、出来上がったお料理に、食べる直前にたらすようにして下さい。
どうしても氷菓と一緒にという事であれば、かき氷のシロップにたらす方法ではいかがでしょうか。ご自身のクリエイティビティを使って、様々な方法を発見して下さいね。