最近のご質問から
直線上に配置


【質問3】
フラワーエッセンスの講座について

フラワーエッセンスの講座に参加したいと思っているのですが、地理的にも時間的にも、なかなか機会がありません。
前々から地方集中講座に参加したいと思い、案内も送って頂いていますが、日程があわないまま今に到っています。
通信講座がスタートするということで、これなら私も参加できるかもしれないと、とっても期待しています。具体的にどのような内容になるのでしょうか。
また、プロ志望なのですが、その為の認定試験は難しいのでしょうか。

回答:
【通信教育について】
通信教育は、「バッチ博士のフラワーエッセンス」は2003年よりスタートしております。
「マウントフジフラワーエッセンス」は検討した結果、エネルギーワークの実技が非常に多いため、通信講座の開講予定はございません。

【認定試験について】
弊社の認定試験は、試験官の前での「個人セッション実技」となっております。レポートや答案用紙での採点は、行っておりません。また、そういった領域の確認も、実技試験の中で出来るようになっております。
実技試験は、受験者、クライエントモデル、試験官(1〜2名)の、非常にプライベートな空間で行われます。
また、単に実技を行うだけでなく、実技後には、試験官の細やかな指導が受けられます。
そして、誰が受験し、合否結果はどうだったかといったプライバシーは、完全に保護されます。
なお、受験は、ご本人の自由意志で、自発的に試験の予約を入れて頂くというシステムです。心身共に安定していて、なおかつご自身の準備が出来た時に、いつでも、何度でも、受験出来ます。
弊社サイドとしては結構大変なのですが、それでも「マンツーマン形式の実技試験」とさせて頂いている理由として、人のこころを扱っていく上で、倫理的な事柄も含めたプロとしての在り方、また、現場でワーク出来るセラピストを丁寧に育成していく事を、重要視しているからです。
また、多くの方は、試験に合格し、実際にプロとしてセッションを始めてから、早いスピードでぐんぐんと成長されていきます。ですから、種がすくすくと芽吹き、花咲かせていくのを邪魔しないよう、試験の判定基準は、厳しすぎるものとはしておりません。かといって、「受ければ自動的に合格する」といった、形式だけの試験ではありません。安易すぎず厳しすぎず、といったところでしょうか。安易すぎると、質を落としてしまいます。しかし、厳しすぎても、その方の力や可能性を奪い、フタをしてしまうかもしれないのです。
ちなみに、地方集中のプロ養成講座では臨床レポートを作成頂きますが、講師によるこのレポートの添削も、おひとりおひとりに対して、非常に細やかに行われます。単に数行の感想を簡単に書いたもの、あるいは、機械的な内容ではありません。
添削文は、400字詰め原稿用紙に換算すると、15枚〜25枚くらいのボリュームとなっております。臨床レポートに設定している字数よりも、講師の添削文の方がずっと多いのです。
認定実技試験は対面の個人セッション、レポート添削は遠隔の個人セッションと同じくらい、プライベートなものとなっているのです。
弊社スタッフは、全員がセラピストであり、それ以前にフラワーエッセンスが大好きで、フラワーエッセンスの素晴らしさを体験しています。ひとつひとつのお花の個性を愛しているように、ひとりひとりの方を大切にしたい、そう思いながら、スタッフ、セラピスト、講師、試験官といった役割の中で、学ばせて頂いているのです。
試験内容については、今迄は受講者にしかお伝えしておりませんでしたが、弊社の在り方のようなものを知って頂ければと思い、今回のご質問をきっかけとして、簡単にご紹介させて頂きました。



【質問4】
大天使ガブリエルについて

冬のお勧めに出ていた大天使ガブリエルのエッセンスを、頼みたいと思っています。
ガブリエルって、どんな天使ですか。ラファエルについては書いてありましたが、ガブリエルについては何も書いてありません。教えて下さい。

回答:
【天からのメッセンジャー・子供の誕生を司る天使】
ガブリエルとは、神の英雄という意味。黄金の翼を持つ天の使者、神のメッセンジャーとして知られています。
処女マリアに、イエスの母となる事を伝えたのは、ガブリエルでした。ボッティチェリをはじめ、様々な受胎告知の絵画に描かれている、ユリの花を持ったあの美しい天使は、ガブリエルです。
また、ガブリエルは、天国から降りた魂がおかあさんの子宮に入る道案内をし、子宮の中にいる10ヶ月の間、見守ってくれています。ガブリエルは、子供の誕生を司る天使でもあるのです。
本来、天使に性別はありませんが、ミカエルをはじめとして、他の大天使達が男性的な姿として描かれているのに対して、ガブリエルは中世的な姿をしています。女性の天使ではないかという説もあるのだとか。
大天使ガブリエルのエッセンスは、女性性、特にセクシャリティと関係するトラウマによいとされていますが、ガブリエルのこういった特質と、大いに関わっているのではないでしょうか。決して汚される事のない内奥のピュアリティ、処女性と結びつけてくれるこのエッセンスには、輝く純白のラベルがぴったりです。
また、ヨハネの誕生を告知したのもガブリエルです。マホメットに神のメッセージであるコーランを伝えたのも、ガブリエルです。
神のメッセンジャーとして働くガブリエルは、通信関係の職業の人を守護してくれているのだそうです。1951年、教皇ピウス12世は、ガブリエルの事を、「遠距離通信関係で働く人の守護天使」として宣言したのだとか。大天使ガブリエルのエッセンスは、郵便局で働いている方(今は特にお忙しい時期かも)にも、役立つかもしれませんね。

【クリスマスの天使】
また、ガブリエルは、この時期と深く関係しているとも言えます。ルドルフ・シュタイナーは、ガブリエルの事を、冬の天使、「クリスマス的想像力」と結びつけました。
大天使ガブリエルのエッセンスは、純白のクリスマスにもぴったりのエッセンスだと言えるかもしれません。
ちなみに、12星座では、みずがめ座を司っているのだそうです。



【質問5】
大天使ジョフィエルについて

天使に興味があるので、リビングライトエッセンスの大天使のシリーズを使ってみたいです。今、自分の道を求めてさ迷っている最中なので、大天使ジョフィエルのエッセンスが自分にあっているような気がします。
また、オーラソーマの101番のボトルが大天使ヨフィエルというのですが、英語のスペルを見ると、ジョフィエルと同一の天使だと思うのですが。

回答:
【大天使ジョフィエルのエッセンス】
輝くゴールドのラベルを持つ大天使ジョフィエルのエッセンス。そのキーワードは、光の源です。
大天使ジョフィエルは、深い洞察や気づき、あるいは自己理解をもたらすキラメキ☆のエッセンスです。このエッセンスが持つ智恵の光のエネルギーは、影や闇を照らし出してくれます。
「自分って、一体何者なんだろう?」、「この世界に生まれて来た意味って?」、「私の人生の目的とは?」・・・。最近、よくこういった質問が繰り返し起こるのなら、大天使ジョフィエルのエッセンスが役立ちます。
また、思春期や中年期にさしかかった時、多くの人達が、自分自身、あるいは自分の人生について、深く哲学的に考えはじめます。
「このまま大人になって、夢見る事を失うのは嫌だ」、「今の仕事を続ける事は、本当に自分にとって幸せなんだろうか?」、「このままの生き方を続けていいのかしら?」……。
こういった人生の節目の時期、これからの人生を精一杯に生きていく為にも、大天使ジョフィエルのエッセンスは、強い後押しをしてくれます。

【大天使ジョフィエルと共に使うとよいエッセンス】
勿論、大天使ジョフィエルのエッセンスは、スピリチュアルな道における「自分探し」で、あちこちさまよっている人にもお勧めです。例えば、様々なセラピーやヒーリング、瞑想や修行を次々とやり続けているけれど、まだしっくりこないという人に。
こういった人々には、マウントフジフラワーエッセンスの、シャガとイカリソウの組み合わせもいいでしょう。「捜し求めているものを絞り込む」という水平レベルの働きに加えて、垂直レベルにおいて、捜し求めている自分自身の在り方への理解をも促してくれます。大天使ジョフィエルを飲み終えた後、シャガとイカリソウの組み合わせに切り換えるといいでしょう。
また、グラウンディング(地に足を付ける事)に問題を感じている人、スピリチュアルな次元ばかり夢見てしまうという人は、まず、リビングライトエッセンスの聖なる石のシリーズから、ゴールデントパーズを使って、しっかりと土台作りをするといいでしょう。そして、その後、大天使ジョフィエルのエッセンスに移行するといいでしょう。

【智天使のリーダー・大天使ジョフィエル】
大天使ジョフィエル(JOPHIEL)は、大天使ヨフィエルとも書かれる事があります。
現代の天使研究者は、「大天使は12人いる」という説を出しており、その中にジョフィエルが含まれています。
また、神学者達の伝統的な分類では、ジョフィエルは「智天使」の長として知られています。
ジョフィエルとは、「神の美」という意味。そのシンボルは、燃え盛る剣です。知識の実を食べたアダムとイブを、エデンの園から追放した天使として知られています。また、ノアの3人の息子を見守ったのも、ジョフィエルだとされています。
さて、天使界には、上級、中級、下級の3つの階級があり、それぞれが更に3つのグループに分類されています。伝統的なカトリックでは、ジョフィエルが長を治める智天使は、上級の第2番目、つまり天使界で2番目に高い位にあり、天界で特別な役割を担っています。下位の天使達を啓蒙する、天使界のエリートなのだとか。(ちなみに、大天使は、下級の第2番目となっています。)
智天使は、その名の通り、神の智恵の本質的体現であり、神の智恵を反映する存在です。天界の運営を取りまとめる彼等は、霊的な監視者、神に仕える記録係として働いています。炎の剣を持ち、天界「エデンの園」の番人として、知識の実を守っています。神聖な計画の為、何を成すべきか考えます。
また、智天使は、たくさんの翼や眼を持つ姿として、表現されています。また、太陽の運行と関係する車輪が足元にあり、神の御座を運び、神の戦車を駆ける役目をしていたそうです。かつては不思議な姿で描かれた彼等ですが、現在は、かわいい裸の赤ちゃん天使として、描かれる事も多いのだそうです。