マウントフジ・フラワーエッセンス
体験談
直線上に配置

マウントフジフラワーエッセンスを使用して下さった方々からのお声をご紹介し ます。

注:体験談は、必ずご本人の了解を得て掲載しております。個人のプライバシーに関わりますので、転載・転記は固くお断り申し上げます。

〜マウントフジフラワーエッセンス使用体験談〜

佐々木琢子
(日本フラワーエッセンス協会認定上級フラワーエッセンスセラピスト)  



(弊社注)
2011年3.11の東日本大震災から3年目、2014年3月11日のイベントに参加されるにあたり、日本フラワーエッセンス協会に、使用するマウントフジフラワーエッセンスについてご質問を頂きました。
イベント会場は、3.11の際に避難所として提供されたスペース。
後日、当日のご様子を報告下さいましたので、ここにご紹介させて頂きます。


こんにちは。
佐々木琢子です。

先日はアドバイスをありがとうございました。
おかげさまで、とても喜んでいただけました。

感じたことなどを少しご報告したいと思います。

会場の岩盤浴ゴロリンの、友人でもあるオーナーは、
「励ますというより、心は寄り添いながらも、自然にその日を迎え、やり過ごす事が出来たらなと思います。
皆様のお力をお借りして、その日を少し軽やかに迎えたいです。
馴染みのある場所に集まって、そこには笑顔で迎えてくれる方々がいて、美味しい物があって、キャンドルの献花台やワークショップがあって、ただ悲しい1日だけじゃない、新しい記憶を追加してもらえたらと思います。」
と語っていました。


あの日、あの場所に参加できたこと、よかったと思います。

会場のある大槌に行くのには、家からは釜石から入ります。
釜石についたとき、なんだか柔らかくて温かな感じがしました。


この日、3月11日。

ちょっとびっくりしました。
もう少し、切ない感じや、重苦しい感じを受けるのかと思っていました。
温かな祈りに満ちているのだと思いました。

会場も温かさと楽しさで満ちていました。

みなさん、いろんな気持ちを抱えていたと思いますが、うまく言えませんが、重いものを重心にもちながらも、もらったイノチを生きていこうという感じがしました。


私のセッションでは、フラワーエッセンスのメッセージは1つにしました。
フラワーエッセンスは、メッセージを伝えられることも、いいのだなぁって思いました。

いらした方には、はじめに気になることを簡単にお話しいただいたのですが、それに対してメッセージがあることで、それを支えにできる、元気づけられるのだ、と改めて思いました。

みなさん、メッセージをもらって何だか安心したような、腑におちたような、そんな印象を持ちました。

認識することの大切さを感じました。

ハンドトリートメントがそのあとだったのですが、そのミニミニセッションを元に精油も選べ、植物の違うエネルギーの融合のようでした。

トリートメントの間の会話、また肌に触れることは、人との繋がり、安心感をもたらすように思いました。
わたしも充足しました。

個室を貸していただいていたのですが、スタッフから、出てくる方がどなたもすっきりした顔をされて、そして私が全然疲れていなさそうなのにもびっくりした、と言われましたが、その通り疲れなかったです。

ガードしていたわけではないのですが、ハードな内面の方もいたのですが、疲れませんでした。

今考えると、寄り添う気持ちをもちつつ、自分の感情と同一にしなかったことが良かったのかもしれない、と思います。


あまりちゃんとした報告になっていないかもしれませんが、今回の報告でした。

いつもありがとうございます。