最近のご質問から
直線上に配置

植物療法関係の雑誌への執筆記事より
―ジェムストーンの意識の紋章―
ジェムエッセンスとしての「リビングライトエッセンス」

パビットラ

古代より、身に付けたり、砕いて飲んだり、飾ったりと、ジェムストーンは、世界各地にて、様々な方法で使われてきました。
占いの道具として、色の原料として、テクノロジーの分野におけるエネルギーの拡大や送信にと、幅広い領域でも役立てられています。
癒しの場においては、古より今迄、心身や微細な領域に働きかけるエネルギー(波動)ツールとして活用されています。
セラピーやヒーリングの現場では既にお馴染みのジェムストーンですが、ヒーリングやパワーストーンのブームによって、より一般的で開かれた場での可能性が注目されています。


【ヒーリングの場におけるエネルギーツールとしてのジェムストーン】

私達が生まれ、根付き、還っていく母なる大地は、あらゆるものが生じる源であり、命を育んでくれる場。大地は、私達に安定と固定、支えを与えてくれます。

そんな大地からのギフトであるジェムストーン。
日本では、神聖なものを宿し、邪気を祓い、様々な力をもたらすと言われる彼等は、とても調和のとれた存在です。
ジェムストーンの分子構造の基となっている原子は、配列の両極の頂点から、あたかも鏡で写したかのように、完全なシンメトリーとバランスを表現しています。そのユニークで幾何学的な分子の配列、結晶の分子構造の正確さは、私達のエネルギーフィールドを安定させ、バランスをとってくれます。

それぞれのジェムストーンが持つヒーリングの質は、分類、色、形状、硬度、成分、結晶系、透明度、地質学的プロセス、産地等が関係しています。
アクアオーラのように色を変えたり、正二十面体のように特定の形状にカットをほどこしたりして、自然な状態に新たなヒーリングの質を加えているものもあります。

特定のジェムストーンは、エネルギーレベルで、私達の肉体の仕組みの特定の部分に共鳴します。
肉体の各部分には固有の周波数があり、病気やストレスで不調和になった時、その部分は、本来とは違った周波数を発します。ジェムストーンは、それらに調和と安定をもたらす事で、心身の健康を取り戻させてくれるのです。


【ジェムストーンの意識の紋章……ジェムエッセンスとは?】
ジェムエッセンスとは、ジェムストーン固有の生命力のパターン、「本質」を水にインプットし、その情報を記憶した水を、アルコールによって長期間保持したもの。
ジェムストーンの意識の紋章とも言えるジェムエッセンスは、ジェムエリクサ等の名称でも呼ばれています。フラワーエッセンスと同じく、バイブレーションレメディ、バイブレーショナルメディスンに属します。

大地に属するジェムストーンから作られたジェムエッセンスは、フラワーエッセンスと比較すると、経絡や第2身体(エーテル体)等の肉体に近い次元のエネルギーボディ、物質界に近いエネルギーフィールドに働きかけ、放射された固有の周波数が、同調と相互作用をもたらします。

あえて位置づけると、物質界〜スピリチュアル世界の低次領域、ホメオパシーとフラワーエッセンスの中間の領域に働きかけ、ホメオパシーよりは広い範囲に、フラワーエッセンスよりは狭い範囲に作用すると言えるでしょうか。

第2身体(エーテル体)とは、肉体を形作る情報がインプットされた、肉体と深く関わっているエネルギーボディ(サトルボディ)。
喜怒哀楽の感情、快不快の感覚、外側の環境、ストレスやトラウマ等の影響を受けます。
エネルギーワークや微細エネルギー解剖学の分野では、病の75%は、第2身体(エーテル体)のエネルギーパターンの歪みによって引き起こされると考えられています。

植物の多くは、花、葉、根等の部分によって、物理作用が違います。また、花の作用=フラワーエッセンスの作用とは限りません。
それに対して、ジェムエッセンスは、ジェムストーンが作用するのとほぼ同じ領域に働きかけます。
例えば、ローズクオーツのジェムストーンは、愛、女性性、母性等の領域に有効ですが、ジェムエッセンスもこれらの領域に作用します

エネルギーボディ(サトルボディ)に直接作用するジェムエッセンスを体内に取り入れるという事は、ある領域では、ジェムストーンを使う以上にダイレクトで強烈です。
また、特定のジェムストーンを準備し、特定の場所に置いたり、マッサージしたり、前後に浄化したりといった手順を行う事なく、ただ飲む事で、必要な領域に必要な作用をもたらしてくれる使い易さが特徴です。
ジェムストーンの色、形、光、手触り等、五感で受け取る情報も楽しみたい方は、両方を併用すると、相乗的に働きかけてくれるでしょう。


【ジェムエッセンスの作り方】
一般的なジェムエッセンスの作り方は、バッチフラワーエッセンスに代表される太陽法、ボイル法と似ています。
ジェムストーンが持つ固有のパターンを転写する為に、純粋な水にジェムストーンを浸して朝日に数時間あてる方法、水をはった鍋にジェムストーンを入れて加熱する方法等があります。

水晶を一晩つけた水を飲む方法は、水晶のエネルギーと極めて微量の成分を取り込む事となり、ジェムストーンマニアの間でよく行われています。

それと同様に、一般の方でも、気軽にジェムエッセンスを作る事が可能です。
お気に入りのジェムストーンから自分だけのジェムエッセンスを作るのは、楽しいものです。
ただし、衛生上の注意に加え、有害な成分の有無について、水や光や熱に対する耐性について等、ある程度の基礎知識も必要でしょう。
最近は人工的な処理がされてあるジェムストーンも多く、単にそれぞれのジェムストーンが持つヒーリングの質を理解しているだけでなく、品質やエネルギーについても、目利き出来る事が大切です。

同じ種類のジェムストーンでも、産地、形状、色合い等は様々。
良質のヒーリング効果のあるジェムストーンを使う事が、ジェムエッセンスの質に大きく作用する事となります。
「石は怖い」、「旅先で石は拾うな」といった言い伝えにあるように、ジェムストーンは、それ自体のエネルギーは勿論、他のエネルギーを宿らせる性質も併せ持っています。

水晶に代表されるように、情報を保持したり増幅させたりする性質がある事から、持ち主を不幸にする宝石の話に例えられるように、ネガティブな磁力を帯びたジェムストーンが、私達の第2身体(エーテル体)によくない影響を与える事もあり得ます。
逆に、神社のご神体の石のように、そこにある事で神聖な役割をしてくれているような、よい磁力を帯びた石もあるでしょう。
また、そんな性質から、意図的に、特殊なエネルギーを注入させる事も可能です。

製品として販売されているジェムエッセンスは、エネルギーに詳しい専門家達によって高品質なジェムストーンが吟味され、浄化や転写等の全工程において、エネルギーを高いレベルで純粋に保持する工夫がなされていると言えましょう。


【ジェムエッセンスの使い方】
ジェムエッセンスの使い方は、数滴を舌下にたらして1日数回飲む等、フラワーエッセンスとほぼ同じです。

また、飲む以外に、湿布したり、クリームやオイルに混ぜたり、オーラフィールドにスプレーしたりして、外用する事も可能です。
水晶と一緒にお風呂に入る方法がありますが、ジェムエッセンスも、お風呂にたらして使用する事が出来ます。
ハンドヒーリング、ボディワークに使うのもいいでしょう。
また、大地に属するエネルギーですので、土地等の環境の浄化にも役立ちます。

フラワーエッセンスと併用すると、フラワーエッセンスの作用を安定させ、固定させてくれる働きもあります。
ジェムエッセンスとフラワーエッセンスは、併用する事で相乗的に働くのです。


【新時代のジェムエッセンス……メタフィジカルエッセンス】
太陽法やボイル法によって、12世紀頃より作られていたジェムエッセンス。
現在は、ジェムエッセンスに別の生成過程を加える事によって、より高く広範囲のエネルギー領域に作用するエッセンスが存在します。
ジェムストーンのエネルギーは勿論、その他のエネルギーをホールドする為に、ジェムストーンが持つ固定と安定と調和の性質が、重要な役割を果たしています。

カナダのリビングライトエッセンスは、ジェムエッセンスを発展させた世界初のメタフィジカルエッセンスです。
以前、プライベートで来日した開発者レイチェル・フィニーのインタビューを元に、リビングライトエッセンスをご紹介しましょう。

≪リビングライトエッセンス≫
リビングライトエッセンスは、ジェムストーンのヒーリングの力、水の転写能力、自然物理学の原理が取り入れられていると共に、その名称に表現されるアーキタイプ(元型)の資質、原理、徳性を備えています。

リビングライトエッセンスの生成過程では、世界各国から取り寄せた高品質のジェムストーンをマイクロクリスタルな状態にしてエネルギーを転写し、その後、「インボケーション」という独自の工程が加えられます。
それによって、ジェムストーンが持つ特質、そして、それぞれのリビングライトエッセンスが名付けられているアーキタイプの特質が、溶液に転写記憶されます。

リビングライトエッセンスの中には、1:聖なる石のシリーズ、2:大天使のエッセンス、3:聖なる光のシリーズ という3段階のシリーズエッセンスがあります。

1:聖なる石のシリーズは、日常的な事柄に。
2:大天使のシリーズは、現実と精神、人格と高次の自己の統合に。
3:聖なる光のシリーズは、高次の自己、スピリチュアルな側面に作用し、人はその中の1色を携えて生まれると言われる7色のスペクトラム(特定の本質、人生の道の選択を表す聖なるエネルギーの源泉)に対応して作られています。

共通の7種類のジェムストーンを基盤としたこの3段階のシリーズは、3段階で明るさを増す7色のボトルラベルが貼られ、私達の自然な成長のプロセスに応じて、1、2、3の順に、ステップを踏んで使用を進めていけるよう体系付けられてもいます。

例えば、バイオレット色のラベルを持つ1の「アメジスト/解放」、2の「大天使ザドキエル/許し」、3の「第7の聖なる光/自由」。
これら3つのエッセンスは、アメジストのジェムストーンを基盤に、そこにホールドされたアメジストの光線のエネルギーを持ち、共通のテーマに基づいていると共に、段階ごとに当てている焦点があるのです。

レイチェルによると、リビングライトエッセンスは、ジェムエッセンスをゴールとするものではなく、ジェムストーンの力によって、純粋で神聖なエネルギー、普遍的なスピリチュアリティの顕現を意図して作られたエッセンスなのだそうです。

リビングライトエッセンスには、3段階のシリーズエッセンスの他、聖なる特別なシリーズ(4種類)、レインボーエッセンス(7種類)があります。

このように、ジェムエッセンスの分野においても、ヒーリングの力、エネルギーをホールドし増幅する力をはじめ、ジェムストーンの能力が広範囲で活用されており、更なる開発と発展が期待されているのです。


リビングライトエッセンスの各種類の詳細については、こちらをご参照下さい。
リビングライトエッセンスは、こちらからご購入頂けます。
各種ジェムストーン、マウントフジフラワーエッセンスの11種類のコンビネーションボトルに対応するマウントフジフラワーエッセンスジェムは、ヒーリングバザールで取り扱っております。
エネルギーボディ(サトルボディ)、第2身体(エーテル体)については、パビットラのメルマガ連載記事からの役立つ情報をご覧下さい。