2018年12月〜2019年2月

直線上に配置

2018年12月〜2019年2月 愛の広がりと共に、自己像を広げていく ノビル



ノビル

2019年の日本は、新たな年号を迎えます。

新年号(新元号)に変わるタイミングは、現皇太子が天皇に即位される時で、4月30日〜5月1日なのだそう。
平成の時代は、31年4か月30日で終わりとなります。


2019年は、古い年から新たな年への毎年の変化にプラスして、新たな年号という、特別な変化がプラスされるのですね。


そんなダブルの変化に共鳴していく準備として、ノビルはいかがでしょうか。


ノビルは、花の一部〜全てが、ムカゴ(珠芽。肥大して繁殖器官として散布される芽)になる植物。

白〜淡い紫の6つの花弁の花は、受粉して種を作りますが、開花が少ないため、ムカゴが落ちて繁殖します。
花が散っても落ちないままのムカゴが、そのまま芽を出す事も。


山菜としても知られるノビルは、ニラ、ニンニク、ネギ、ラッキョウと共に、強い匂いの5種類の野菜とされています。
その強精作用からも、様々な国で、修行者が食べるのを禁止されている事も。


そんな強い植物ですが、細い茎の先についたたくさんの小花は、繊細です。

でも、その繊細さの背後には、ひとつひとつの六芒星の花と、それらの集合体が持つエネルギーの強さがあります。
小宇宙である個としての一体感と、大宇宙である全体としての一体感と。


2つの三角形が重なった六芒星は、天の霊的世界と地の物質世界、相反するエネルギーを統合し、調和させてくれる形。
エネルギーを集約し、放射するその形は、浄化や魔除け、加護、引き寄せのシンボルとしても知られています。


ノビルのキーワードは、《アロンネス》。
一人ぼっちで満たされないロンリネスから、独り在る事で満ち足りているアロンネスへとシフトしてくれます。

それは、エゴという小さな個人の枠を超えた、より大きな自分、とも言えるかもしれません。


年号が変わる変化の時期に、今迄の小さな自分像の防御を解いて、より大きな自分像と出会いたいと感じているなら、ノビルのサポートを頂きましょう。

より大きな自分像へと開いていったなら、護ろうとしていた今迄の自分像というものが、とても小さかった事に気づいたり、なぜそこまで護ろうとしていたのか、不思議に感じる事もあるかもしれません。


実のところ、自分像、自己イメージとは、絶対的なものではなく、変化していくもの。
実体はないのです。

だとしたら、あえて、大きさを自分でチョイスする事も出来るのかもしれません。


一般的に、ノビルは、プライドから、自分自身を素直にさらけ出せないケースに役立ちます。
自分像を護る為に、深く関わる事から逃げたり、関係を切ったり。

恋愛であるなら、気持ちをオープンにしたり感情が乱れたりする事を避けるために、次々と相手を変えていったり、複数の相手を持ったりする事も。


この世界では、物理的にも精神的にも、たった1人だけで成長する事は出来ません。
ノビルは、地上での関わりの学びを通して、天とのより大きな関わりへと開いていけるという、私達に内在する可能性に気づかせてくれるのです。


上下逆さまにしても形が変わらない六芒星は、ハートチャクラのシンボルでもあります。
天の次元と地の次元の真ん中にあり、天と地を結ぶハートチャクラは、無条件の愛を司る座。
同じく天と地の間で生きる、私達の可能性を表現しています。


自分像を、もっと大きく広げていきたいと感じるなら。
エゴを超えて、大きな愛をもって世界と関わりたい、と願っているなら。
時の変化のエンジェルのサポートと共に、ノビルのサポートを頂きましょう。


そして、広がった自分像と愛のもっと向こうには、どんな世界が広がっているのでしょうか・・・。


パビットラ(中沢あつ子)

ノビルは、オンラインショップでお求め頂けます。

★ノビル、微細エネルギー解剖学についての詳細な情報は、書籍「マウントフジフラワーエッセンスとエネルギーの世界―花の"Being"―」をご覧下さい。



過去にご紹介した「マウントフジフラワーエッセンス 季節のお勧め」は、以下のページからリンクしております。
過去の「マウントフジフラワーエッセンス 季節のお勧め」

また、ブログにも、種類ごとに分類して掲載しております。
*2013年11月から「ハートサポートシステム」サイトでの不定期連載に戻った為、以降の記事は、ブログには掲載しておりません。