バッチ博士のフラワーエッセンス プロ養成 集中講座 体験談
直線上に配置

〜バッチ博士のフラワーフラワーエッセンスプロ養成東京集中講座臨床体験談〜
―3件のケーススタディから―
デービース奈津子

掲載日: 2011年 11月 12日 

【弊社注】
★これらのケーススタディは、「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成集中講座」(2011年春に東京にて開催)受講生の自宅学習からの抜粋です。
「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成集中講座」については、以下をご覧下さい。
「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎集中講座」
「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成集中講座」

★掲載にあたり、
・受講生である執筆者の許可を頂いております。
・許可を頂いたクライエントモデルのケースのみを、掲載しております。ただし、クライエントモデルが特定されぬよう、弊社サイドの判断にて、更に曖昧にしている箇所がございます。
★これらのケーススタディに対して、弊社講師から、約11000字の個人添削文書をお送りしております。(「バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成集中講座」のカリキュラム内「フルセッションの文書による個人実技指導」にあたるものです)


【事例1*クライエントA】
F県在住。
Yさん、37歳、主婦。
長女(9歳)、長男(7歳)、次男(1歳)の3人のお子さんと、ご主人の5人家族。

5年前に、夫の実家に近い所へ引越しをする。以来、義母との付き合いも多く、目まい、頭痛が出始め、治らずにいたので、1度精神科へ行った。医師からは、環境を変えた方が良いとアドバイスを受け、漢方を処方された。それ以降は行っていない。

●1回目のセッション(6月12日)
カウンセリング

カウンセリングでは、「精神的な面で、気分が落ち込んだり、イライラする事が多く、肉体面で、目まい、頭痛、生理不順がある」という事で始まりました。
「自分の時間がなく、いつも時間に追われている感じで、自分に余裕がない。1日の内にするべき事がいっぱいで、いつもイライラしている」
「よく出かける主人に対し、“自分だけ、イイなぁ、自由になる時間があって”と思う」
「長男に関して、言われて行動に移すまで時間がかかる。言われないと行動しないので、イライラする」
(イライラするという言葉を何度も使われていました。)
「だから笑顔で主人と子供に接する事ができたらいいのに・・・」と言われたので、フラワーエッセンス(以下、FE)に対して何を求められるか、もう1度言ってもらうように尋ねると、「自分に余裕を持って、感情的にならずに優しく接してゆきたい」と言われました。

リーディングの内容
リーディングされたFEは、
バーべイン(第1チャクラ)
オーク、インパチエンス(第2チャクラ)
ハニーサックル(第4チャクラ)
の4本でした。

エネルギーペネトレーションペンダントによるヒーリング
ヒーリングに入り、第2チャクラにオークをエネルギーペネトレーションペンダント(以下、EPP)でエネルギーを浸透させている時、急に表情が変わり、「急に息苦しくなってきた・・・」と手を胸元に持ってきて言いました。呼吸が浅くなり、ビックリしたそうです。
私はEPPを一時止め、落ちつくのを待ちました。
すぐに呼吸も楽になってきた様子で、続けて良いと言ったので、もう一度、オークを少し浸透させて次へと移りました。
ヒーリング中は、その事だけが起こり、後は何もなかったようです。

シェアリング
リーディングされたFEの見立てに入りました。
バーべインは、「“意志”というキーワードがあり、それぞれの意志を尊重する」ということ。
オークは「“明け渡し”、“受容” というキーワードがあり、、精神や肉体が休養を必要としていることを理解する」ということ。
インパチエンスは、「“忍耐” というキーワードがあり、それぞれ独自のスピードがあることを理解する」ということを伝えました。
(私は見立てに入るやいなや、急いで進めようとしました。なぜなら、Yさんのご自宅でさせてもらっている状態で、1歳の子供さんがヒーリングの途中で、昼寝から目覚め、集中できる状態ではありませんでした。そして見立てに入ると、Yさんは、するべき事を見つけて、家事をやり始めました。私は、もう終わりにしようか、と尋ねましたが、やりながら聞いているので、続けて欲しいと言ったので最後まで急ぎました。)
そしてハニーサックルについて、「“今ここに在ること” というキーワードがあり、現実を受け入れ、変化のプロセスの中で自分が成長していくのを助けてくれる」と伝えると、「このFEの意味は、自分にどう関わっているのか分からない」という感じでした。
見立ての最後で、「これらのFE達は、きっと、時間に追われていると感じるYさんに、余裕を運んで、家族それぞれの意志とスピードを楽に受け入れられることを助けてくれると思います」と伝え、終了しました。

経過、フォローアップ
Yさんは、次の日の朝から突然くる身体の反応にビックリしました。普段は何日も便が出ずに困っていたYさんでしたが、1日に何度もトイレにかけ込んだのです。こんな事は初めてだと言っていました。
明らかに早くも初期反応だと思いましたが、初期反応に関してはしっかり事前に話をしていて了解してもらいました。しかし、車での移動中にトイレにありつけず、青ざめて大変危なかったようです。
セッションから2週間後、電話で状態を尋ねてみると、1日2回位飲んでくれていたようです。
「すぐにどうしようもない位、イラッとして感情を出してしまう事が減った気がする。どうしよーという感覚がなくなったようだ」との事です。
初期反応のせいか、2回目のセッションを受けてもらうには至りませんでした。


【事例2*クライエントB】
S県在住。
Iさん、31歳。
3年前離婚して、7歳の娘さんと2人の生活をしています。

●1回目のセッション(7月4日)
カウンセリング

相談内容は、「ダイエットが続かない」ということでした。
「2週間後に同窓会を控えている。昔より太っている自分を見られたくない。でもいつもダイエットしなきゃ、と気の焦りがある」
「現在新しく就いた仕事の事、1年前からつき合っている彼氏との事、子供の事などで、ムシャクシャした時や落ち込んでいる時、食べないと落ちつかず、食べていると落ちつく」
「食べる事の欲求が満たされると、後でいつも後悔している」
「現在54kgあるので、昔から、10kg位やせた体重が理想だと思っている」
オシャレするのが好きで、よく買い物にも行くIさんですが、「好きな服も、自分が着る事によって安っぽく見えてくる。ハンガーにかけられたままのような細身になりたい。服の良さがダメになると感じるから、もっとやせなきゃといつも思う。キレイなら、堂々と歩けるのに・・・」とコンプレックスがあり、内心、人前に出るのをためらったり、自分を見られたくないと、うつ向きたい気分になる事もあるようでした。
(私から見て、決して太って見えないのですが。)
そして、FEに何を求めたいか尋ねてみました。「意志をしっかり持ち、欲求に負けず、ダイエットを成功させたい」ということでした。

リーディングの内容
リーディングされたFEは、
クレランサス、オリーブ、アスペン(第1チャクラ)
ロックローズ、ワイルドローズ(第2チャクラ)
の5本でした。

エネルギーペネトレーションペンダントによるヒーリング
ヒーリングではすぐにリラックスして眠りました。
スクレランサスをEPPで浸透させている時、EPPがとても大きく回ったように感じました。
他の感覚や、イメージなどはなかったようです。

シェアリング
リーディングされたFEの見立てに入りました。
花の写真カードを見せたところ、Iさんはスクレランサスの写真を見て、「良く見てみたくなる花だ」と言いました。
私は、EPPがよく反応していたことと、スクレランサスのキーワードが“2つの間にバランスを持つ”、“安定性”だということを伝えたところ、実際、Iさんは、「つき合い始めて1年になる彼氏との関係上、どうするべきか選択できない事が多くある」と言いました。
残る花の写真カードでは、ロックローズとワイルドローズに対し、「かわいい、自分はローズの香りが好きだ」と言いました。
そこで、ロックローズのキーワードは“勇気と超越”、ワイルドローズは“生きる力、新たな活力”だと伝えたところ、これらの意味がよく分からない様子だったので、私は、「ロックローズは、極度の混乱やパニックになる様な恐怖がどこかにある時に選ばれる。ワイルドローズは、生きる事に活力や情熱を見い出すことが難しいと感じる時に選ばれる」と伝えました。
しかしIさんは、「心当たりがない・・・」と言いました。
次に残りのアスペンについては、「あまり好きな花ではない」と言いました。そのFEのキーワードが“未知なるものに立ち向かう勇気”だと伝えると、全く意味が分からない様子だったので、「漠然とした、どこから来たのか分からない不安や恐れを感じる事がある時に選ばれる」と伝えると、「ない」と言いました。
次に、オリーブのテーマが、“生きるための活力”だと伝えると、「自分はそんなに疲れていないようだけど・・・」と返ってきました。
(何だかミスマッチなものばかりだなァ・・・と思いながらも、あまりそう思わず、自分に自信を持っていようと思いつつ。)
見立ての最後で、「今日選ばれたFEが、今後の日常の中で、お仕事、彼氏、子供さんとの関係でムシャクシャしたり、落ち込んだりしながらもがんばっているIさんが現実に向き合う時、混乱し、活力を奪われることなく、より楽に乗り越えられる事を応援できるFEだと思います。そして、スクレランサスは、より良い選択をしてゆこうと努力しているIさんが、よりすんなりと、バランスを見つけて、決断できるように助けてくれると思います。そして身心共に安定を取り戻すことにより、食べないと落ち着かないということがなくなり、ダイエットも成功に近づくのでは?と思います。」と伝えました。
Iさんは、「そうですね、がんばってみます」と言い、終了しました。

経過、フォローアップ
約2週間後に状態を尋ねたところ、
「飲み始めて3日間位はかなり食欲を抑えることができた。目の前の物を食べたいと思わなかった」
「便秘気味の体質だったのに、1日2回位出て、お通じが良くなった。2週間目に入ってからはあまりFEを飲んでなく、忘れていた。お通じも1日1回になった。体重に変化はない」と言われました。
Iさんに出た初期反応は、全く日常の負担にもなっておらず、喜んでいる様子だったので、「エネルギーが動き出すと、よくお通じに変化が出てくる方が多いようです」とだけ伝えました。
(今回のセッションは的外れかと思いましたが、反応が出たという事は、Iさんの心の深いところが必要としていたのだろうと思っています。)

●2回目のセッション(8月29日)
カウンセリング

「1年間つき合っている彼と上手くやってゆきたい」と始められました。
「時間厳守派で、前の彼女に2回浮気された経験のある彼の束縛があるため、彼を安心させたい。私はマイペースで時間にルーズなので、いつも彼をイライラさせる。子供を学校へ送り出す朝も、早目に起きて準備しようと考えるが、もうちょっと大丈夫って、自分に甘く、焦りがない。プレッシャーも緊張もなく、結局、デートの日の約束の時間もいつも守れない」と話されました。
これに対し、「夜は何時頃寝るのか」尋ねると、「週の3日位は3時半頃までテレビや雑誌を見てだらだらと過ごしてしまう、朝7時頃にはどうしても起きるべきなのに。夜子供を寝かせた後が自分の時間だと思ってすぐに寝ないから」と話されました。
そこで、今日はFEに何を望むかを尋ねました。
彼女は、「夜ふかしをしないで、自分の計画通りに動きたい」と、決まりました。

エネルギーペネトレーションペンダントによるヒーリング
今回もヒーリングが始まると、眠ってしまったようで、イメージや感覚など何も残っていない様でした。

リーディングの内容
リーディングされたFEは、
レッドチェストナット(第4チャクラ)
スターオブベツレヘム(第5チャクラ)
の2本でした。

シェアリング
花の写真カードを見せると、レッドチェストナットのピンクがかった赤に惹かれるようで、「かわいい」と言っていました。
そこで私は、「これは誰かの事に対して、安心したい、相手をとても気にかける時によく選ばれます」と伝えると、「彼と私はずっと携帯が気になる。彼はすぐに返事を返さなかったらとにかく心配するので・・・。安心させたいと思い、気にかかる」と言いました。
次にスターオブベツレヘムの花のキーワードは、“平和”であることを伝えました。ピンとこない感じだったので、「心の平和です、過去のショックやトラウマが残っている時によく選ばれます」と伝えました。
それに対し、Iさんは、「ない・・・」と言われたので先に進み、まとめてみました。
「これらのFEは、日頃の彼への心配を安心に変えて、Iさんの心に余裕をもたらし、Iさんの計画に沿った行動ができるよう、助けになると思います。」と伝えました。

経過、フォローアップ
9月21日。約3週間後になりましたが、状態を尋ねてみると、
「2週間目まであまりFEをとっておらず、3週間目から気にかけて飲むようにしてみた」
「便通も良く、だんだん、彼に対して心のゆとりが出て来て、メールの返信が遅れても、彼にもゆとりが出て来たのかほとんど言ってこなくなった」
「それに夜は遅くても11時半頃までには寝るようになった」
「ムシャクシャしたり落ち込んだりする事も全く無くなった」
(以前よりもずっと元気に見えました。)
時間にルーズだと言っていた事に関してはどうか尋ねてみると、「飲み始めて目覚まし時計が聞こえなくなっていたが、今は聞こえるようになった」
(疲れが出て来ていたのでしょうか。)
私は、「日常の中のゆとりがはっきり感じられるようになって、良かったですね。FEを飲むと、環境とか人との関わり方にも変化が表れる事がよくありますよ」と付け加えました。
Iさんは、「もう少し続けてがんばってみようかな」と言いました。


【事例3*クライエントC】
F県在住。
Nさん、31歳。
長男(6歳)、次男(4歳)、長女(2歳)とご主人の5人家族。共働き。
1人目の出産後から甲状腺が不安定になっている。時々検査の為、通院もする。
高1の時以来出ていなかった喘息の発作だが、最近4歳の息子が額にケガをして救急車で運ばれた次の日に発作が出た。

(とても疲れている感じで、話し方にも元気がありませんでした。)

●1回目のセッション(7月13日)
カウンセリング

セッションに移ると、何から話そうかまとまらない様子でしたが、
まず、「金銭面が厳しい。節約するべきだと分かっているのに、自分のためにジュースを買ってしまうことが3日続いたり、子供のうち1人が何かを欲しがると、3倍の金額を払う事になる。主人はあまり節約できない性格で、パチンコで大きな収入があっても、貯金できない。」
「最近体力が落ち、甲状腺数値が少し上がり、脈も3倍のスピードになる事もある。立った状態で突然ふらついたりもする。熱も出やすい」
「ストレスのせいだと思うが、肌トラブル(顔に吹き出物多く、身体は乾燥の為かかゆく、腰回りが黒ずんでアザが広がっているそうです)、円形脱毛が数か所ある。だらだら考え込まない性格だろうと思っているが・・・・・・分からない。」
「仕事も、両親から引き継いで和食店を独立に向けてやっていこうとしているが、自分が店に入ったことで、両親は逆にパワーアップして、私の個人的意見を聞き入れてもらえてない。自分がやりたい事に向かってできていない。一方、独立したとしても、主人と話す時間もへり、すれ違いも多くなり、ギクシャクするのではないかと心配する」
「子供に対して、自分ではしつけているつもりで、当たっているのではないか・・・」
と話されました。
そこで、「今のところ、金銭面、体調面、仕事の独立、子供さんとの事について出てきましたが、これらの事を考える時、どんな感情がありますか?」と尋ねてみました。
するとNさんは、「・・・イライラ、不安。不安が強いです」と言われました。
そこで、「どのような自分自身になりたいとか、希望はありますか」と尋ねると、「気持ち強く、明るくなりたい。意志強くなりたい。免疫力向上。不安があるから自信が持てない。自分の意志を尊重できるようになりたい」と言われました。
そこでもう1度、FEに何を期待したいかしばらくして尋ねてみました。
そして、「不安を解消して、自分の意志が言えるようになりたい」と、まとまりました。

エネルギーペネトレーションペンダントによるヒーリング
ヒーリングに移ると、すぐに眠ってしまい、最後に私が声をとても大きくするまで起きない程でした。

リーディングの内容
リーディングされたFEは、
アスペン、ヘザー(第1チャクラ)
インパチエンス(第2チャクラ)
ロックウォーター(第4チャクラ)
の4本でした。
(Nさんに時間がなかったので、見立てに入り、すぐに説明に入りました。)

シェアリング
まず、下のチャクラから、「ヘザーは、“他人への理解”、相手に注意を注ぎ、相手の話しに耳を傾ける事を助けてくれます」
「アスペンは、“未知のものに向き合う勇気”、漠然とした不安や包みこむような不安に対して、内側に安心を感じられるよう助けます」
「これらのFEが第1チャクラに選ばれ、一般的に、第1チャクラは、生きていく上での安全性や金銭的問題や物質的事柄に深く関係しています」と付け加えました。
「インパチエンスは“忍耐・思いやり”であり、選ばれている第2チャクラは、感情表現に関係しています」と付け加えました。
「ロックウォーターは“秩序・柔軟性”であり、ハートの部分に選ばれており、自他への無条件の愛と関係しています」と伝えました。
何か思い当たる事があるか尋ねると、「ん〜」と考えていました。
(私のこの伝え方で頭の中でまとまらなかったのかも知れませんが、急いでいたので、セッションをここまでにして、もう1度、見立てをまとめて、翌日、伝えさせてもらいました。本番ではこういう事はできないのでしょうが・・・。)
以下、翌日伝えた事。
「金銭面、肉体面、お仕事、家族との関わりの中でがんばっているNさんに対して、決まった形を持たない水のように、より柔軟性を持って対処して行けるよう、ロックウォーターが助けになります。家族に対しても、インパチエンスが、心に余裕を持って対処して行けるよう、助けてくれると思います。それに加え、アスペンの助けで、大きな不安は小さくなってゆくと思います」と伝えました。

経過、フォローアップ
7/27(金)。
2週間後、会って尋ねてみると、「1日に飲んでいた回数も少なく、忘れることもあったけど、2〜4日に1回しか出なった便が毎日出る様になった。他は何が変わったか分からない」と言われました。
(私がNさんに会って感じたのは、セッションの日までは、いつも、とても疲れていて、生活に追われている為か、目にとても活力がなかったようだったのが、今回は少し、元気さが見られました。)

●2回目のセッション(9月19日)
カウンセリング

「日常の生活にやる気が起きない」ということから、始まりました。
1週間のうちに、2つの仕事を日を分けてやっている上、休日が無い生活でした。
「独立に向けて両親の仕事を受け継ぐ事にやる気を起こすべきだが、週2日間だけ行っているアパレル(アウトレット)のパートの方に気持ちが入っているし、そちらだと、やる気も出る。しかし、現実問題、アパレルのパートはいずれ辞めないといけない訳で。今は気晴らしやリフレッシュの為に行っているので、今は両方がんばりたい」との事でした。
少し黙った後で、「気持ち、外見、体力に、若返りが欲しい。若返り、冒険心、イキイキ」と言いました。
そこで、FEに何を求めたいか尋ねてみました。
彼女は、「活力を手に入れたい」と言ったので、これでFEを選びました。

エネルギーペネトレーションペンダントによるヒーリング
ヒーリングでは、今回もすぐに眠ってしまい、何も感じなかったとの事です。

リーディングの内容
リーディングされたFEは、
1回目と同じロックウォーター(第1チャクラ)
ヴァイン、ホワイトチェストナット(第3チャクラ)
でした。

シェアリング
見立てでは、今回もロックウォーターが選ばれて、少しビックリしていました。
他の花の写真カードを見ても、何も思わない様子だったので、説明に入りました。
ロックウォーターのキーワードは、“柔軟性と秩序”。
ヴァインのキーワードは、“権威”。
ここで「権威が何を意味するのか」という風に首をかしげました。
私は、「権力があると周りが認めている立場の人の力です、Nさんの場合は、母親というところでしょうか」と言うと、「そうですね」と答えました。
次にホワイトチェストナットが“思考を明瞭にする”というキーワードだと伝えました。
また、関連づけが難しかったようで、「やるべき事に集中する、というところです」と言うと、しばらく考えて、「・・・当てはまっていると思う。仕事に子育て、同時に行ってるから、子供にもよく、ムキになったりもするし、活力を奪われているんだと思う」と言いました。
見立ての最後に、「2つの仕事の両立や、その他色々な事で悩むよりも本当は、どれもをがんばりたいというNさんが、それぞれの時に、それぞれの側面を上手く表現し、集中できるよう応援して、子育てではムキになってしまうというところに、Nさんが望んでいるお母さんの姿を実現するのを、これらのFEが助けてくれると思います。その助けによって、心により柔軟性ももたらされて、活力も出てくるかと思います」と伝えました。

経過、フォローアップ
2週間後、彼女はさらにもう少し元気な表情で、以前悩んでいた顔の肌荒れも半分以上きれいになっていました。「家の事をするのに、心の余裕が出てきたのか、“〜しなきゃ”がなくなり、“朝でもできるなァ”と、自分にムリさせる事がなくなった」
「パートの仕事も、FEを飲み始めた頃は、いずれ1つの仕事をやっていかなきゃならないのだから、やめようかと思ってしまう気持ちが、このままやっていこうと思うようになり、ムダに悩まなくなった」
「めぐりがよくなったのか、少し体温が高くなった気がする」
「それに、1日の終わりには足がすごくむくみ、翌日まで持ち越していたのに、それがなくなった」
とすごくうれしそうでした。


【まとめ】
今回、4人の方々(うち1件は未掲載)にセッションを受けてもらいましたが、始め、クライエント役になってくれる人を見つけるのがすごく大変で、ギブアップしそうでした。
そこで、ハートサポートシステムさんに少し尋ねてみると、「何か問題を抱えている人だけにする必要はないし、その人の良い面をもっと活かすためにもFEは選べる」という事を聞いた時は、「あっ、そうか!」と、自分のフラワーエッセンスセラピストに対する意味を改めることができました。ありがとうございます。
セッションは、見立ての時に、選ばれたFEのキーワードを、クライエントさんが話されていた事と繋げて、クライエントさん(今回掲載させて頂いた3人のクライエントさんは、FEなど全く初めてな上に、精神世界でよく使われている言葉の数々に全く馴染みがない)に分かりやすく、より一般的になるように言葉を使ってゆくことが難しくもありました。
こういった分野に興味があり、自分で本を買ったり、勉強してみたりする人達は、そういった言葉の数々も、少しずつ理解して、理解するスピードもついて、そんな言葉と一緒に、自分を見つめる事にも慣れてくるのだろうなと思いますが、自分自身がまだ馴染みなかった頃の事を思い出すと、分かる気がします。どんな人も理解しやすいセッションができるように、もっと意識して、もっと研究していこうと思いました。
もう1つ、FEのキーワードとその意味を完全に覚えておかなければ、ひらめかないのを実感し、そのFEが選ばれた理由をクライエントさんが分かるように伝えられない事を実感します。
今回の臨床レポート作成を通して、自分以外の人にどの様な初期反応があるのか、そのレベルによってFEをどう受け止められるのか、自分が自分で使っている時には分かりにくい、外見の変化や、雰囲気の変化、色んな人を通して見つめることができ、大変勉強になりました。

おわり