マウントフジフラワーエッセンス 基礎講座(パート2) 体験談
直線上に配置

〜「マウントフジフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」体験談〜
豊島 久恵


「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」(マウントフジ&バッチフラワーエッセンス合同)からの続きで覚えた体の感覚が、今まで経験した事がなかったので、この感覚を残したまま「マウントフジフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」に参加をしました。


●第1回目
第1回目はワクワク感と、またこれからどのような事とめぐり会い、私の知らない事を体験できるのだろう、と楽しみに来ました。
講義の中で、「微細エネルギー解剖学では、第1身体と第2身体は二人三脚で働いていて、第1身体の情報を第2身体が司っている」と聞いた時に、情報というのはつい、人間の脳の中の記憶というイメージがありますが、エネルギー次元の体の場所にこの様な意味合いがあるとは驚きました。

実技で、自分自身でマウントフジフラワーエッセンスを選ぶ時、不安で自信がなく心配でしたが、テーマを決める時に、「そうだ、自信にしよう」と決めたので、なぜかそんな迷いもなく、割と早めに決める事ができました。
この日選ばれたマウントフジフラワーエッセンスは、
マツヤニ
トネアザミ
でした。
家に帰って早くミックスボトルを飲むのが楽しみになりました。

第1回目から第2回目までの間、仕事をしていても、少し時間が空くと体に何となくダルさと眠たさがありました。これが浄化反応なのかな、と思いました。
でも、嫌な感覚ではなく、心地良い感覚でした。


●第2回目
第2回目の講義で、「第3身体の両極には、人に見せたくない自分と人に見せたい自分、光と影の自分といった自己イメージがある」と聞いて考えたことは、確かに自分のイヤな部分が分かっていても、なかなか認めたくない、隠しておきたい、という気持ちは誰にでもあるんだなぁ、でも両極を認める事で、第3身体の本来の質、個性が輝いてくる、とテキストに書かれたのを読んで、完璧でなくても、ダメな自分が出ても私は私、これも私なんだから、と受け入れる事も必要だなと思いました。

実技では、この回に習得したある方法でボトル選びをしたわけですが、本当に自分の中で答が判ったのにはびっくりしました。
これ本当に私も繋がっているのかなと思い、有り難さを感じました。
この頃から、疲れるといつも肩・背中が凝っていたのが、凝りを感じなくなってきました。


●第3回目
第4チャクラと女性性・男性性のこの回では、体の右側が男性性で、左側が女性性で、身体のある部位ではエネルギーは右から入ってきて、左に流れる、という事を学びました。

実技では、今までとは違ったやり方でペアを組み、セラピスト役の時、なぜか一瞬頭が真っ白になってしまいました。
責任感を感じて、ややプレッシャーがあったのかもしれません。
逆に自分が受けている時は、ボトルがハートの上に順番に置かれていくうち、手先から足までエネルギーの広がりを感じました。
また、特に右手が床から離れそうな感覚、指先が何か上から糸のようなもので吊り上げられている様な感覚がありました。終わった後、腕がとても痛かったです。

次の日仕事で久しぶりに手強いお客様にあたり、仕事が終わった後疲れてしまい、帰り天候も良くなかった為、バスで家までの途中に坂道があるのですが、坂を登るのがきつく、手と足がガクガクになってしまいました。
歩いている途中、マウントフジフラワーエッセンスの臨床例を思い出し、家に着いてすぐオーラスプレーを手と足にスプレーしたら、キュッと引き締まる感じがして、ダルさが感じなくなりました。

家では、物の言い方がきつい長女がマイルドな感じで、あまり怒らなくなった様に思います。
また、学校の授業を受け、家に帰ったらすぐ疲れて長時間寝ていて、たまに昼と夜が逆転していた子供が、時間に対して少しまともになってきました。


●第4回目
第4回目の講義で、喉のチャクラにはさらにマイナーチャクラがある事を知り、コミュニケーションにかかせない、結構大事なチャクラなんだと思いました。

ボトルをペアを組んだ方に選んでいただき、次の講義までの間に、また色々変化がありました。

自分の方向性というか、今後やりたい事がはっきり見えてきました。
また今までなかなか踏み切れなかったことが、勇気を出して口に出すことが出来た事、自分にかなり無理をしていた事、心配したら恐いというイメージが無くなった事、とにかく頭であーだこーだ考えるより、まず行動してみよう、という気持ちになれた事、そして体調も少し無理をしても疲れにくくなった事です。

数年前、婦人科の検診で子宮筋腫が4つ見つかり、このまま様子を見ましょうと言われていました。
たまにお腹が張った時に手で触ると、しこりがあるのがわかっていましたが、2日間くらいピリピリと下腹部が反応しているのがわかり、その時は「これはまずいなぁ、検診した方がいいのかな」と思っていたら、ピリピリ感が無くなり、ここ最近お腹のこぶの様な感じが無くなり、柔らかくなっていました。
「これはすごい」と感動しました。


●最終回
最後の回も無事終わる事ができ、肩の荷が下りました。
ここまで講座に通えたのも、家族と、そして周りの皆様のおかげです。
ありがとうございました。