バッチ博士のフラワーエッセンス 認定者特別講座 体験談
直線上に配置

〜「バッチ博士のフラワーエッセンスエネルギーペネトレーションペンダント(EPP)技法習得の為の個人補助講座」体験談
(クライエントモデルへのEPPの実技練習を通して)〜
匿名希望
(日本フラワーエッセンス協会認定
マウントフジフラワーエッセンスセラピスト
バッチフラワーエッセンスセラピスト)
掲載日: 2011年 10月 20日 

              
                                               
●対面セッション (「補助講座」のペア実技にて)
・クライエント:○さん(女性)

・今回のテーマ:「日々を楽しく過ごしたい」

・選ばれたバッチフラワーエッセンス:
第1チャクラ⇒ゴース 
第2チャクラ⇒スイートチェストナット 
第3チャクラ⇒ホーンビーム 
第4チャクラ⇒セントリー

(弊社注)
今回は、「エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)技法」の習得にフォーカスした「個人補助講座」という特殊な形態でした。
参加者が「日本フラワーエッセンス協会認定フラワーエッセンスセラピスト」であった為、事前に各自で自分のテーマ設定をした上で、必要なフラワーエッセンスを特定しておきました。
理論講義の後のペア実技では、テーマ確認をし、クライエント役が自ら選んできたボトルについて、対応しているチャクラを特定し、EPPでヒーリングを行いました。

日本フラワーエッセンス協会認定者である○さんは、日常的にフラワーエッセンスと触れ合っていることが多いので、スムーズにヒーリングを進めることが出来ました。
また、その分クライエントさんと共にいる感覚を、感情面でも体感することが出来ました。
EPPを使い、特定された第1チャクラから第4チャクラまでをヒーリングしていくと、微妙にEPPを持っている手を通して、フラワーエッセンスの波動が私の体にも広がって行きました。
セッションルーム全体が心地よい空気に包まれている事に、驚きと共に感動すると共に、ますます植物たちのエネルギーの大きさに興味を持ちました。

今回、○さんのセッションを通して気づいたことは、私を含め、日常生活をしていく中で、仕事、育児、介護など人間関係に神経と体力を使い果たし、その部分にだけしか自分自身が焦点を当てていないことがある、と言うことです。
まさにフラワーエッセンスは、その調和を崩した部分に、優しく寄り添ってくれます。それがたとえ、自分にとって受け入れたくないフラワーエッセンスであったとしても。
たとえばそれは、まるで怒りや悲しみで泣きじゃくっている子供が、母親の胸に抱きしめられ、しばらくすると笑顔にかわり、すやすやと眠りに入る感覚に似ています。
そうなると、目覚めた時も笑顔ですよね。
私達は、感情や肉体が疲れきっている時ほど、自分自身を見ようとしていません。
環境の中に原因を見つけ解決しようとしても、一時的に良い方向に向いた気がするだけのことも多い気がします。

○さんはフラワーエッセンスと日常的にかかわって居られるので、自分自身が今何をしたいのか、その為に何を手放すことが必要なのかを土台に、常に前を向いて行動していらっしゃる様に感じました。

私達は、沢山のルールの中で生活しています。例えば守られているものも、要らないと感じているものも、うっとうしいと感じているルールもあるはずです。
そのなかで気づいていないのは、自分自身にも無意識にルールを作っていることです。
だから、自分のルールを破った相手や出来事は受け入れられない事実として、心の中にしみ込んで行きます(自分以外の人達にも、皆ルールがあります)。

フラワーエッセンス達は、傷ついた心のなかを穏やかな波動となって癒してくれると同時に、自分がなぜ傷ついていたのかを明確にしてくれます。
そして、「OK!もう大丈夫だよ」と背中をそっと押してくれます

●遠隔セッション (「補助講座」後の練習にて)
・クライエント:Fさん(女性)

・今回のテーマ:「自分の時間がほしい(自分を取り戻したい)」
Fさんは一人っ子のため、ご両親の介護をすべて彼女がこなしています。
お父様の入院、介護施設探しのために職までなくしました。
お母様もお年のため痴呆が進んで来ているようです。ヘルパーさんを頼もうとすると、泣き叫んで拒み、手が付けられないそうです。
毎日が緊張の連続で、やり場のない怒りを思わずお母様にぶつけ、悲しませ、泣かせてしまうそうです。
怒りと後悔の毎日みたいです。

・選ばれたバッチフラワーエッセンス:
第1チャクラ⇒バイン 
第2チャクラ⇒ロックウォーター 
第3チャクラ⇒インパチエンス 
第4チャクラ⇒ウォーターヴァイオレット
第5チャクラ⇒スクレランサス

Fさんとセラピストとは、中学時代からの友人です。
一応Fさんの家庭環境や家族の関係を知ってはいましたが、今まで、とても明るい女性に成長しているように感じていました。
今回、選ばれたフラワーエッセンス達をみて、Fさんの抱えている心の葛藤を、はじめて理解出来た気がしています。

遠隔セッションも対面セッションと同様、自分自身は、クライエントさんとフラワーエッセンス達を繋ぐ媒体だということを意識しました。
不思議なことに、目の前に映像として浮かび上がってくるものがあります。
どのように文章で表現してよいか分かりませんが、フラワーエッセンスの波動が柔らかな光となって、部屋中を満たし、同時に自分も心地よく癒されます。

★選ばれたフラワーエッセンスの簡単なメッセージ
・バイン:
Fさんが無意識に相手を支配し頭ごなしに命令するのではなく、一呼吸おいて、相手に伝えることを援助してくれるでしょう。
・ロックウォーター:
自分に厳しくしすぎている部分を洗い流し、もう少し心に余裕を作る援助をしてくれるでしょう。
・インパチェンス:
もう少しご両親の感情を受け入れ、何を望んでいるのかを理解する余裕を援助してくれるでしょう。
・ウォーターバイオレット:
人との繋がりが大切なことに気づき、そして心を開くタイミングを援助してくれるでしょう。
(周りの人達は、Fさんのことを大切に思っていることや、もっと悩みを分かち合って欲しいと望んでいます。)
・スクレランサス:
自分が一人で悩み抱え込んでいる体、心、感情のバランスを安定させ、今一番何が大切か気づく援助をしてくれるでしょう。

私も母の介護を通して気づいたことは、援助したい気持ちと援助して欲しいことがかみ合わないことが多く、そのことでいつも悩むということです。育児も同じことだと感じています。
自分自身の心の葛藤を和らげて前に進む勇気と、自分を愛することがいかに大切かということを気づかせてくれる道具として、フラワーエッセンスは活躍してくれるでしょう。

★その後・・・後日頂いたメールでのご報告より
Fさんに久しぶりにあったところ、なんと!若い頃にやっていたグラフィックデザイナーとしてもう一度仕事をする決心が出来たそうです
やっぱりフラワーエッセンスが一歩前に進む勇気を援助してくれたのかと、遠隔セッションをさせて頂いた私自身もワクワクしてきました 


●最近感じていること
今年は、前代未聞の大震災がありました。
ニュースを見るたびに、涙が止まりませんでした。
ふとこのような状態の時に必要なフラワーエッセンスは何だろうと思い、ハートサポートシステムさんのホームページを開いたら、大震災に遭われた方達用のフラワーエッセンスを無料で提供している記事を見つけ、感動と同時に、ハートサポートシステムさんの愛の深さに感謝しました。
フラワーエッセンスセラピストになった後も勉強会に参加し続けていて、本当に良かったと感じました。
大震災などのニュースで心が痛むときは、たびたびホームページを開いては、フラワーエッセンスのメッセージを体の中にしみ込ませていました。

今回、EPPの補助講座の機会を頂いたとき、これは偶然ではない何かのメッセージだと感じ、フラワーエッセンスを学び直そうと思いました。

私の感じるところでは、バッチフラワーエッセンスは、自分の内面をのぞかせてくれる働きを持っているということです。
なぜならば、私にとって、バッチフラワーエッセンスは、自分自身見たくない部分や隠している感情等を、まるで映像を見るかのように映し出してくれるからです。そして、映像を見ることによって、受け入れがたい部分を、第三者の目で見たり感じたり出来ることです。
冷静に一歩前に進むことが可能になっていくと、自分を無意識に傷つけることを恐れ、止めている部分にも気づき、それが減っていきます。

そこから自分自身の位置が明確になって行き、自分を信頼できるようにもなって来ました。
楽しみながら、次のような言葉を常に心の中につぶやくことにしました。
何か受け入れがたいことが起きたときに、選ばれたフラワーエッセンスをEPPにセットし、優しく「だから何?」「で?どうしたいの?」「で?どうするの?」。
そして深呼吸をすると、自分が今やるべきことが明確になってきます。
楽しい頭の上に、明かりがともった気がしてきます。
肩の力も抜けて、歯を食いしばることも減って来ました。

きっと私の否定的な感情は、生まれてから今まで積み上げた大きな未発掘の鉱山であり、財産だと思います。
まだまだ沢山積み上げるでしょう。
その山は、今まで学び、共に寄り添っていてくれています。
フラワーエッセンスが、少しずつ輝き続けるダイヤモンドや金に変える手段を、教えてくれるでしょう。
とにかく、今を楽しもう。
フラワーエッセンスが、私を援助してくれています。
私が前に進む勇気を与えてくれています。
毎回書きますが、「フラワーエッセンスに出会える環境を作ってくれている、ハートサポートシステムさん有難う」と伝えたいです。

今回は久しぶりのバッチフラワーエッセンスでしたが、EPPを使うことによって、新たな感動や発見が沢山ありました。
今まで私が否定的だなと感じていたフラワーエッセンスのメッセージを、もっと別の部分から見ることが出来たからです。
とにかく、優しく心にしみる波動です。
否定的だなと感じていたのは、自分がメッセージに耳をふさい居たからだけだとわかりました。

ハートサポートシステムさんが提供したフラワーエッセンスによって、一人でも多くの災害に会われた方々が癒されることを望みます。
ハートサポートシステムさんのプロジェクトに参加されている皆様にも、エールを送ります。
これを機会に、私にも出来ることを実行に移して行こうと決心しました。
これからも、色々なアドバイスならびに援助をいただければ幸いです。