フラワーエッセンス基礎講座(パート1) 体験談
直線上に配置

〜「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」体験談〜
りりか

●参加の動機
クライエントへのセッション技法の修得というよりは、現在の自分のためのフラワーエッセンスを選びたい気持ちが強く、受講することにしました。


●第1回目
バッチフラワーエッセンスは以前1度飲用したことがありますが、知識はありませんでした。
そのため、どのボトルのお花が選ばれるのか期待がいっぱいでした。
選ばれた花はゴースでした。
お花の写真を見たときに鮮やかな黄色だったので、大らかに自分らしくいれば良いということなのかな?と思いました。

マウントフジフラワーエッセンスではキブシが選ばれました。

それぞれのボトルの説明を読むと、絶望、完全なあきらめと書いてあります。
テーマをこれからの仕事のことにしていたので「やる気はありますけど???」と思いました。

飲み始めて3日くらい経った頃、急に「はやく清浄で明るい世界に行きたい」という言葉が浮かんできました。
でも後から「本当に自分から出てきた言葉なの?」という疑問が出てきました。

何日か後で、自分が気づいていない、深くに閉じ込めてしまった過去の記憶や傷に関係があるのかもしれないと思いました。
何年も前から何回も夢に出てくる、知らない女性は過去世なのかもしれないとも感じました。


●第2回目
ペンジュラムを使ってバッチフラワーエッセンスを選びました。
ペンジュラムは少し苦手意識があったのですが、浄化のときに「仲良くしてね。解るように動いてね。」とお願いしてみました。
私のお願いが届いたのか、とてもスムーズに選ぶことができて楽しかったです。
ペンジュラムへの質問の展開方法が易占いと似ていたこともあって、取り組みやすかったのかもしれません。

第1回目のミックスボトルを飲んで気づいた内容を元に、今回のテーマは「自分の過去の傷であれ、過去世の傷であれ、そのことにこだわることなく傷を癒し解放する」と設定しました。
選ばれたボトルたちは、その問題を認識するようにサポートする内容だったと思います。

帰宅してから「これからは楽しくなるよ」という言葉が浮かんできました。
これはフラワーエッセンスからのメッセージなのかなと思いました。

物心ついたころから、虚無感や無常観、自分が分離している感覚が強かったのですが、それは親から受けた“ダブルバインド”による傷だったのだと気づきました。
人生に対するあきらめのようなものは過去世に関係しているのかな?とも思いました。

フラワーエッセンスによるエネルギーの変化は、まず体調で浄化反応を感じることが多いのですが、今回は10日間くらいPMSのような状態になりました。
また前回のときもありましたが、ふと内から湧いてくる言葉や感覚が早くからあったことは初めての体験でした。


●第3回目
PMSのような状態が治まった頃から、何もしたくない状態になりました。
今年の2月頃から何回か同じような状態になっているので、この流れはそのときからすでに始まっていたのだろうと思います。
講師のパビットラさんが、第2回目の講義中に「過去、現在、未来は、ただ直線で繋がっているだけではない」というようなことをおっしゃっていましたが、とても腑に落ちるところがありました。
今回は、マウントフジフラワーエッセンスからハハコグサが選ばれたことがとても印象的で、「何もしたくない状態でもいい」というメッセージだと受取りました。

第3回目は受講生同士でペアになり、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)とミックスボトルを用いたヒーリング技法の練習をしました。
クライエント役のときにはヒーリングが始まった頃から、すぐにお腹がグルグルと鳴り出し、両手はビリビリしびれてきました。
講座終了の頃には、手にブツブツが出てきて浄化反応がとても早かったです。
ペアになった方のセッションが、とても暖かなヒーリングだったので、そのような反応だったのだと思います。
とても楽しく癒されるセッションでした。
ありがとうございました。


●講座を終えて
ミックスボトルを飲み終わってからもまだ、やる気は出ませんが、以前のような「生きることも面倒くさい」という感覚は薄れてきました。

受講して気がついたことですが、子供の頃から今までの、いろいろなことをがんばってやっていた状態というのは、親から自分を守るための手段のひとつだったようです。
しばらくは「何もしたくない自分」を受け入れていこうと思います。

今回は早い段階で内から外から様々なメッセージがあり、今までとは違うフラワーエッセンスのアプローチを受けたと思いました。
講師のパビットラさんやサンバドさんの言葉がシンクロしていることが多かったことも印象的でした。
自分のエネルギーが少し変化してきているようにも感じています。
 
最後になりますが、パビットラさんサンバドさん受講生のみなさま、3日間ありがとうございました。