フラワーエッセンス基礎講座(パート1) 体験談
直線上に配置

〜「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」体験談〜
松川 千景

今回の「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」は、自分の深い部分の内なる声を知る機会となり、大変貴重な体験をしています。
*この文を書いている現在、第2回目迄の受講を終了。


●第1回目
第1回目の講座では、バッチフラワーエッセンスのフラワーカードセッションで選んだ「バイン」、マウントフジフラワーエッセンスの超感覚で選んだ「オダマキ」のミックスボトルを持ち帰り、自宅で約2週間飲んでみました。

私は普段タロットリーディングの仕事をしているので、フラワーカードに大変興味があり、今回、バッチフラワーエッセンスの「バイン」のカードを一目見て、自分への応援メッセージを受け取った気がして嬉しかったです。
小さな花の束が外へと広がり、自分の未知なる可能性を更に伸ばせる機会があることを、応援してくれているかのようでした。

そして、もう一方のマウントフジフラワーエッセンス「オダマキ」は、ボトルからエネルギーを感じ、ボトルが自分を見ているようでした。
セッション前まで心臓が波打っていたのが、ボトルを胸に当てゆっくり呼吸する間に、心の平静さを取り戻し、少しずつ気持ちが和らぐのが不思議でした。

この2種入りミックスボトルは、気になる初期反応(浄化反応)は無く、じんわり心身に働き掛けるエネルギーを感じながら、自分の潜在意識の負の感情(不安、恐れ)が薄れていくのが分かりました。
心が軽くなると同時に、自分はプレッシャーを感じる生活に疲れ、ストレスを発散してないことに気付いたのです。
もっと心を自由に開放して楽になりたい、自分の内なる声を知った瞬間でした。


●第2回目
第2回目の講座では、ペンジュラムを使ったセッションで、バッチフラワーエッセンスを6種類選びました。

自分のテーマは「健康に役立つ6種のエッセンス」です。
結果は「アグリモニー」「セントーリー」「ホーンビーム」「インパチエンス」「ミムラス」「ウォールナット」が、私のエネルギーと共鳴したようです。
前回同様、日常の多忙さや変化に、自分がオーバーワーク気味になっている事を教えてもらい、確信しました。
このミックスボトルは、私にリラックスして出直す勇気と、リセットする必要性を伝えてきました。

人間は常に三身一体(心魂体)を保ちながら生きているけれど、外からのエネルギーの影響を多大に受けると、内なるエネルギーのバランスが乱れ、健康を害してしまいます。
今、私の傷付いたエネルギーフィールドを、6種類のフラワーエッセンスはサポートしてくれています。

飲み始めた頃は、頭痛があり、耳鳴りも強くあったり、初期反応が出ました。
1週間後には不快感は消え、逆に飲む回数が増えました。
特に空腹時に飲みたくなります。


●第3回目
これから受ける第3回目の講座では、他者へのボトルリーディングを体験する予定です。
毎回、新しいフラワーエッセンスと対話する楽しさと気付きに驚き、大変勉強になっています。


●第1回目・第2回目を終えて
フラワーエッセンスと人間のエネルギーボディ(サトルボディ)が共鳴した時のハートフルな世界を、今後は、身近な人たちに役立ててもらえるよう、自分のリーディングにも磨きをかけたいと思います。

フラワーエッセンスとのご縁に深く感謝します。