フラワーエッセンス基礎集中講座(パート1) 体験談
直線上に配置

〜「フラワーエッセンス基礎集中講座(パート1)」体験談〜
N.M


「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」にはじめて参加し、約3週間が過ぎた。


●「フラワーエッセンス基礎集中講座(パート1)」での体験
実技では上級フラワーエッセンスセラピスト®の方と組み、自分に選ばれたのは、バッチフラワーエッセンスからはワイルドローズ、インパチエンス。
マントフジフラワーエッセンスからはマルハバキ、キショウブだった。

講座のはじめにバッチフラワーエッセンスの花カードカードを使った「ハートと手のエネルギーワーク」で自分が選んだのもワイルドローズであり、花自体は好きなものなので喜んでいたが、このボトルの意味的に言うと、生きる事への興味を失い人生を活動的に楽しめないなどの抜け殻状態を現わすものだった。

「フラワーエッセンス基礎集中講座(パート1)」を受ける前まで約1年、夫の転勤先の新天地にて少し働いたものの、自分とは合わないと感じ苦痛となっていた矢先、自分の意思ではなく偶然に辞めることができ、焦らずゆっくり仕事を探そうと思い、気がつけば1年が過ぎていた。

その間ネットをよく見ていて、ふと思い出したように過去1度だけ使用したことのあるマウントフラワーエッセンスと再会したのだ。

そして今勉強をしているという不思議な縁を感じつつ、それまで引っ越しがある度に新しい仕事、新しい人間関係と、それに慣れた頃また引っ越しの生活で、あきらめのような境地にいたのは事実で、ワイルドローズはそんな自分に生き生きとした自分を取り戻す手助けをしにやってきてくれたのかもしれない。

インパチエンスは逆に自発的で積極的、独立心旺盛のせっかちな人で内面は緊張している状態。
自分の性格だなと思った。
リラックスができにくいのを気にしていたし、いつも何かに追われて生きてきた感があった。

マルハバキは過去の癒し。
講師のサンバドさんが自分の過去世である女性が見えたとの事で驚きつつも理由あって、今の土地に縁があるのだなと納得した。

キショウブは、この講座を受けること自体が自分にとってただ興味本位できたのではないですよと言われているような気がした。
最初はなにか往来の為に勉強したいと探し迷った末での受講だったが、不思議と違和感はなく楽しんでいる自分に気が付いた。

講座の昼以降は、滋賀に縁あって来られた方々と楽しく語れた。
フラワーエッセンスの作用や自分の状況など、今まで逢ったこともない方なのにオープンにお互いのことを話し合えて自分の心は久しぶりに喜んでいた。

あっという間の1日で、ついていくのが必死だったがとても充実感を感じた。

ここに来るまでセッションの経験もないに等しい自分だがセラピスト役をした時、相手の方の左肩が重いのを感じた。
エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)が軽く感じるまで動き軽くなったのもわかった。


●「フラワーエッセンス基礎集中講座(パート1)」受講後の体験
今回自分に選んで頂いたミックスボトルを使用して大きな変化はないものの、固まっていた過去が溶けていき、本来の自分を初めて生きて行けるのではないか・・・と感じている。
まだまだ手探りだが、楽しい事を我慢しない自分を客観的に見れているし、もう好きにしようよとハートが教えてくれている。

ふだんでは浄化のフラワーエッセンスを持っているので愛用していたが、今回は「フラワーエッセンス基礎集中講座(パート1)」、「バッチフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」、と連続で受講したので使用するボトルが複数あったため、自分で調整して飲用、オーラスプレーした。

その働きかけは、ゾロ目をよく見る、職場で浮いても気にしない、超マイペース、親が私のフラワーエッセンスの勉強に理解を示さず騒ぎだすなど。
その都度少しイライラしたり、嫌だなという気持ちはあるが、現象は別のところで起こっていて自分にはあまり関係ないやと感じた。
いつもなら長時間悩んでいたような気がする。
とりわけオーラスプレーは職場では手放せない。
安心感があり強力な守りを感じる。

まずはこうやって自分で体験を重ね、感覚を味わい、フラワーエッセンスを他の人の癒しに活かせたら良いと思う。
そのためにも日々精進し、学習を深めていきたい。