フラワーエッセンス基礎集中講座(パート1) 体験談
直線上に配置

〜「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」体験談〜
匿名希望

●「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」開催迄の体験
私は、「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」に急に参加する事を決め、5月2日からの開催を楽しみにしていました。

すると突然、開催の1週間前に、娘より、「仕事で移動になり、都合もあって実家に引っ越して来るので、犬も一緒だけど宜しく。」との連絡がありました。
当初は遊びに来るものだと思っていた私は、9年ぶりに同居、しかも犬も一緒だと聞かされ、しかも「4月29日に引っ越すからね。」との事。
私の頭の中は、あんまり急な事から、「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」からスタートする連続集中講座にも参加するし、あまりにも同時にタイミングが重なった事で、びっくりしてしまいました。
娘も仕事があり、私もパートに出ている為、お互いのスペースを保ちながら仲良くやっていくには、愛の気持ちで、接して行くしかないと思いました。

「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」に参加する楽しみの反面、今までの生活パターンをまず変えていかないと、場を整えていかなければと、頭の中がいっぱいになり、肩がこっていました。
犬の散歩も日課となるし、私にとっては新しい出来事で、しばらく、今までのペースを変えなければ、と、思いました。



●「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」での体験
そこで、「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」では、「テーマ」としては、娘と犬との同居に際して、愛の気持ちでやっていく為のフラワーエッセンスを選びたいと思いました。

まず選ばれたのが、バッチフラワーエッセンスから「バーベイン」で、次が、マウントフジフラワーエッセンスから「ミゾソバ」(ホワイト)」でした。
バッチフラワーエッセンスのカードの「バーベイン」を見た時、芯が強そうだけど、花がかわいいと思いました。
「ミゾソバ」(ホワイト)は、清そな感じでした。

「バーベイン」は、「他人を気にしすぎる」の心理カテゴリーに対応するフラワーエッセンスで、頑張りすぎて緊張した状態の時、決して強制的に自分の個人的な意見を押し付けない、人生における大事は穏やかに優しく成し遂げられるものだと理解することが必要であり、内面的には、人生に調和をもたらし、ネガティブな状態を均衡させる受容的な慎み深さを示していると感じました。

「ミゾソバ」(ホワイト)は、日々の雑事に追われ、内側の静けさへと向かえない時、思考と感情と行動のリセットをしてくれると感じました。

オリジナルチャートとペンジュラムで選んだのが、「考えや環境に対しての過剰反応」の心理カテゴリーに対応する、バッチフラワーエッセンスの「アグリモニー」でした。
このフラワーエッセンスの作用から、
内面に気づく事が大切である事、
言い争いやケンカを好まず、それらを避けるために多くのことを譲歩してしまうタイプなので、このフラワーエッセンスを飲む事によって平和と静けさをもたらし、抑圧され妨げられてきた感情を開放するように働きかけてくれる事、
そして、自分の中に、ふたつの面がある事に気づき、すべてをバラ色に美化することなく、状況を客観的に見るようになれば、楽だと思いました。
「アグリモニー」の写真の印象は、上の方へ向って行って明るい感じと思いました。

その後、ペアになった方に選んでいただいたマウントフジフラワーエッセンスの「ダンチク」(開拓)は、完璧なタイミングを信頼する為のフラワーエッセンス。
古いものを手放し未知なる体験にジャンプする時に、考えすぎて行動を起こせない時に飲むとよいというもので、直線的なイメージを感じました。


私とペアになった方は、テーマに対して、ご自身で、バッチフラワーエッセンスから「ウォーターバイオレット」、マウントフジフラワーエッセンスからは「アカツメクサ」を選んでおられました。
「ウォーターバイオレット」が対応する心理カテゴリーは、「孤独」。
「いつもウォーターバイオレットが出るのよ。」と言っておられました。
「ウォーターバイオレット」は、他人とのかかわりが、重荷ではなく喜びに感じられるようになるフラワーエッセンス。
他人との交流、分かち合いが大切なボトルです。
「アカツメクサ」(キーワードは安定)は、自分自身のセンターに留まる、地に足をつける事が出来るフラワーエッセンス。

更に、バッチフラワーエッセンスからは「チコリー」。
対応する心理カテゴリーは、「他人を気にし過ぎる」。無条件の愛を知るサポートをしてくれるフラワーエッセンスです。

私がペアの相手の方に選んだマウントフジフラワーエッセンスは、「ジシバリ」。
グラウンディング、集団の中での自己確立を促すフラワーエッセンス。


全てのボトルを選んだ後、ペアの方と、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)とミックスボトルを使って、座位でお互いにヒーリングを行いました。

私の場合、ヒーリングされていると、特に両手がビリビリ感じ、その後もカッカとしてきました。
言葉では、上手く言い表わせないけど、なんとなく体全体がふぁっと、あたたかくなりました。
花のエネルギーであるフラワーエッセンスは、エネルギーボディ(サトルボディ)に働きかけるものだから、不思議な感覚でした。

ペアになった方にヒーリングを行った際には、両手があたたかく感じ、体があたたかいと言っていました。

花のエネルギーは、すごいなーと感じました。



●「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」後の体験
講座で選ばれたフラワーエッセンスのミックスボトルを飲んで、初期反応としては、少しだるくなりました。
数日は、まだ肩もこっていましたが、考えが変化してきました。
今まで、自分を見つめる習慣というものがなかったので、自分自身の変化等には全く意識を向けていなかったのですが、今回のミックスボトルを使用して、言葉では上手く言い表わせないけれど、何となく変化したような感じがしました。

変化は、感情が、だいぶ穏やかになったと思います。
新しく生活環境が変わった以上、外側にばかり意識を向けすぎてエネルギーを浪費してしまい、身体が疲れきったら何もならないので、他の人の意見に耳を傾け、お互いのスペースを保ちながら、折り合いをつけながら過ごす事。
そして、春からはじめた呼吸法やヨガをしながら、日々の雑事に追われても、リラックスタイムを持ち、ありのままの自分を受け入れて、ものごとを広い視野から見れるようにしていきたいと思います。


バッチフラワーエッセンスは、何らかの症状が出ている時には、その背後にある心理状態、感情に働きかけ、微細な領域に作用する事で、調和のとれた自分らしさが出てくるもの。

講座で学んだ技法を使って、妹にバッチフラワーエッセンスのセッションをしました。
妹の場合、バッチフラワーエッセンスについては、まったく初めての初心者です。
エネルギーワークの体験もありません。

テーマを設定する前のカウンセリングでは、「1年前から白髪が気になっている。美容室に行くので費用がかさむが、やむをえない。きれいになっている為には、行くしかない。自分で染めるのは、いや。専門家にやって欲しい。白髪だと年とってみえる。美容室に行って専門家にやってもらえば、きれいになって気分がよいし、満足する。美容室に行くと、シャンプーカット、マッサージしてもらえるので、なおさら満足する。現在2ヶ月に1回位行っている。」といった、白髪についての話が出ました。

そして、出て来た「テーマ」は、「老けてみられたくない。(気分も若くなる)ためのフラワーエッセンスを選んでほしい。」との事でした。

選ばれたのは、「孤独」のカテゴリーに属するフラワーエッセンスから、「ウォーターバイオレット」と「ヘザー」。
そして、緊急事態に対応する5フラワーエッセンスの3本でした。

これらのフラワーエッセンスのミックスボトルとエネルギーペネトレーションペンダント(EPP)を使って、座位でヒーリングを行いました。
「両手の平が、すごーく熱くなった。少しだけだるくなった。」と言っていました。
講座の実技でのペアのワークで互いが体験した感覚、妹の体験と、今回は両手に感じる反応が共通していて、不思議な感じでした。

バッチフラワーエッセンスのカードを見た感想は、
「ウォーターバイオレット」はかれんな感じで、はでさはないが、小さいながらも命を感じる。
「ヘザー」は、淋しい感じ、かよわい感じ。
「5フラワーエッセンス」はゲンソウ的。花火みたい。力強さを感じる。一番目についた。
との事。

それぞれのフラワーエッセンスの意味について確認してもらったところ、以下のような感想がありました。

最優先のボトルであった「ウォーターバイオレット」。
要約すると、「他人と距離をおき、自分の世界に踏み込まれたくない。人を頼ろうとせず、プライベートな部分を話そうとしない。近づきにくい。プライドの高さがある。他人と交流、分かち合うことは、とても大切。このフラワーエッセンスを使う事によりバランスがとり戻され、他人とのかかわりが重荷でなく喜びに感じられる。」等。
本人は、「なっとくした」と言っていました。

「ヘザー」は、「自分に関心を向けてほしい時、自分自身の関心事の中に根づいていて、自分の小さな世界に生きている。自分の話を聴いてくれる人がいないと困る。使用する事で、他の人々の必要性を理解する質を与えてくれる。他人に注意を注げる。他人に耳を傾け理解し、愛を分かち合っていけるようにしてくれる。自分自身を愛することが大切だと気づく。」等。
「そういう部分があったんだと思った。」との事。

「5フラワーエッセンス」は、「緊急時に使用する事で、気分が落ち着いて癒しの作用が働く。エネルギーのバランスを正常に戻してくれる。チェリープラム・クレマチス・インパチエンス・ロックローズ・スターオブベツレヘム」の5種類のブレンド。」
「今回、初めて知ったフラワーエッセンスのセラピーを受けて、神経質になっていたんだと思う」との事。

セッション後、これらのフラワーエッセンスから作ったミックスボトルを使ってもらいました。



●これからの展望
フラワーエッセンスは、動植物にも作用します。
また、葱の皮をすぱっと一気に壊してしまうのではなく、1枚1枚丁寧に、きれいにむいていきながら優しく、しかも深く癒してくれるもの。
自分がどんな不調和の感情を持っているかを知り、自分に合ったフラワーエッセンスを使って感情を癒していき、精神的に健康になる事で、肉体的な健康や向上にも間接的につながる事は、素晴らしいと思いました。

セラピーでの補助的な活用、短時間の座位ヒーリングなど、自分や他者にフラワーエッセンスを選んで、ヒーリングを実践していきたいと思います。