マウントフジフラワーエッセンス 基礎講座 体験談
直線上に配置

〜マウントフジフラワーエッセンス使用中に起こった体験について〜
K.Y
掲載日: 2011年 4月 20日


私がマウントフジフラワーエッセンス基礎講座にて学んだ過程の中では、様々な体験がありました。


●マウントフジフラワーエッセンス使用のきっかけ
私がフラワーエッセンスに深く関わろうと思った理由は、理不尽な職場の人間関係で尋常ではないストレスにさらされており、毎日が苦痛でたまらない状況が1年以上続き、何か解決策がないかと模索していたからです。現状からただ逃げるような転職は避けたいという気持ちと、過去に経験した失敗を避けたいがための方向性の模索で葛藤もしていました。
つまり先に進みたいけれど、過去の失敗を考えると十分な自信が持てず、ただ現状に耐えているような、そんなひどい状態だったのです。

そんな中、2011年1月に初めて友人からフラワーエッセンスを進められ、何か転機になればという思いから、フラワーエッセンスとの付き合いが始まりました。
フラワーエッセンスも色々な種類がある中で、マウントフジフラワーエッセンスという日本オリジナルのフラワーエッセンスの存在を知り、購入して試してみました。
もちろん、最初はどのような反応や作用があるのか興味と不安の入り混じる気持ちの中で、かつあまり大きな期待をかけずに、ある意味、純粋にきっと素晴らしい変化が得られるはずと、ポジティブな気持ちで飲み始めました。


●マウントフジフラワーエッセンスによる印象的な出来事
私は非常に感受性が強く、気(エネルギー)という存在に敏感な性質を有しております。
こうした性質は、フラワーエッセンスのような繊細な領域や感覚を扱う分野においては、自分ではっきりとした感覚をもって体感できたのが良かったと思います。
植物の成分は存在しないのに、ボトル1本、1本のハッキリとした味の違いがわかります。

具体的には、会社での人間関係・職場で生じるエネルギーにいつも悩まされていたので、一番最初に「防御と浄化と刷新」のフォーミュラーを中心に会社にいる間は飲んでいました。
飲み始めて1週間もたたないうちに、第3チャクラのおなかの当たりがぐるぐる回るような不思議な感覚を感じました。その時は、ただの食後の胃の消化の音かと思うようにしましたが、感覚的にいつもと違う何かを感じました。
その夜から急におなかが痛くなり出し、下痢になりました。私は普段便通が良い方で、便秘ではありませんが、4日間ほど下痢が続き、一番驚いたのが、宿便と呼ばれるものが沢山、私のおなかから出てきたのです。単なる下痢で宿便まで出ることは経験したことが無く、本当に驚きました。
また、ウエストも自然と締まり、まるでダイエットをしたようでした。
これは、フラワーエッセンスによる初期反応だと深く実感し、エッセンスは今までブロックされていたり、不調だったチャクラを活性化させ、分泌線とエネルギーレベルで関わりがあるチャクラを調整することにより、チャクラの活性化と共に分泌線も活性化した結果、腸に付着してなかなか取れなかった宿便が分泌液によって、剥がれ排出されたのだと思います。

また、同じように目ヤニも両目に沢山でて、こちらは本当に病気になったかと思いましたが、私の場合は、これも初期反応で、しばらく続きました。
その他、体の複数の箇所に小さな湿疹ができたり、私の場合は、肉体に初期症状がでることが多く、ダイナミックなマウントフジフラワーエッセンスのパワーに驚きを感じます。


●「マウントフジフラワーエッセンス基礎講座」の印象的な出来事
ボトルのリーディング実技では、一番最初の実技から、私の場合、ボトルを選ぶ時にはっきりとしたイメージが絵で脳裏に浮かび、訓練もしていない割りに感じ取れることに大変驚きました。

いつも授業を受けるセミナールームは、エネルギーがよく気持ちいい環境なため、瞑想やボトルリーディングがし易く、特別な環境設定がされていると感じられます。
特にエネルギーペネトレーションペンダント(EEP)でのヒーリングをクライアント役で受けた際には、本当に気持ちがよく、眠ってしまいそうでした。

また、一番印象深い体感としては、第8回目の「女性性と男性性」についてのリーディングとヒーリングの実技の時に、自分の女性性と男性性を感じた時、女性性は麻痺しているような感覚で、男性性は非常に苦しくて仕方がなく、あまりにもリアルに感じたので、驚きました。
私が今まで自覚することができなかった予想外の癒しをヒーリング実技で得ることができ、嬉しく思いました。

まだ最終回の授業が1回残っており、マウントフジフラワーエッセンス基礎講座の集大成として、どのようなクラスになるか楽しみにしております。
また、私は引き続き、マウントフジフラワーエッセンスプロ養成講座にも進むため、これからもフラワーエッセンスへのさらなる探求と癒しを継続し、今後どのような体験ができるのか、楽しみにしております。

講師のパビットラさんとサンバドさんは、好奇心旺盛な私からの質問に、いつも気さくに答えて下さり、すっきりとした気持ちでマウントフジフラワーエッセンス基礎講座を進むことができました。

繊細で感受性の強い性格なため、今までの人生経験から深く傷つき、抑圧し続けてきた感情に対する自分へのヒーリングは、しばらく必要になりそうです。
まだまだ変容の過程の真っ只中にいる私ですが、10〜20代のように若くなくても、気づきと共に変われるサポートを与えてくれるフラワーエッセンスにこれからも親しんでいきたいと思います。