マウントフジフラワーエッセンス 基礎集中講座 体験談
直線上に配置

〜「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)体験談」〜
タナカ ミキコ


●「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」での体験
チャクラ、過去世等の9つのカテゴリーに分類しての講義では、マウントフジフラワーエッセンスの72本のストックボトルのエネルギーについて詳しく学ぶことが出来ました。

ストックボトルが72本、これらのエネルギーの意味を1つ1つ理解できるのだろうかと不安がありましたが、マウントフジフラワーエッセンスのセッションでのセラピストの在り方として、
「知識のない状態でマウントフジフラワーエッセンスと向き合う。知らない姿勢でボトルのエネルギーに出会う。」
とのお話で、頭で考えるのではなく、ハートで感じることを大切にすることを軸に、2日間の「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」に向き合えました。


72本のストックボトルの中には、言葉では似たようなメッセージだと感じられるお花であっても、選ぶ人によって、微妙に異なった癒しを与えてくれます。

例えば、「悲しい」という感情は言葉にしてしまうと、同一で平面的な印象ですが、1人1人のバックグラウンドによって、「悲しさ」の色・重さ・奥行きが異なり、その多彩で繊細な感情を汲み取って選んでいける、日本人らしいフラワーエッセンスだと、「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」を通して更に実感しました。


フラワーエッセンスがダイレクトに作用するエネルギーボディー(サトルボディー)の詳細を学ぶ、微細エネルギー解剖学の7つの身体の講義では、肉体の次元で全てが起こっているのではなく、それよりも微細なエネルギーボディー(サトルボディー)から下ろされた情報が体で表現(病気など)されるため、飲用と共にオーラ外用のオーラスプレーの利用で相乗作用があることも納得しました。

日常の中でも、エネルギーボディー(サトルボディー)を意識することにより、自身の感情や肉体の不調に客観的に向き合えるように思えます。


フルセッションをマスターする実技では、テーマを設定するためのカウンセリングのステージの際、クライエントからの現在の情報を踏まえての主訴の聞き取りで、明確なテーマの設定へのサポートに難しさを感じました。

クライエントが主導で、聴くことに徹しているつもりでも、クライエント自身でテーマを見つけてもらうために、私がクライエントの状況を推測しながら話しすぎている(無意識に誘導をしている)ことに指摘を受け、待つこと、時間をかけることの大切さを感じました。

フルセッションの中で、クライエントに最適なボトルリーディングをするためには、カウンセリングの時間をしっかりと取ることが大変重要なことです。


リーディングとヒーリングのステージでは、今回の「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」でご一緒した方が、「魔女になった気分がしてドキドキする。」と表現されていたのを、とても素敵に感じました。

中世の魔女と表現されていた人達は自然と密に繋がり、恩恵を受けていた人達なのかもと想像が広がってゆきます。



●「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」受講後の体験(1)
【講座で学んだフルセッションを練習した体験】
後日に、娘にフルセッションの練習をしました。

マウントフジフラワーエッセンスのセッションを行う前に、セラピストと場のエネルギー基盤を創造する事で、全体の一体感と安心感から、クライエントへのヒーリングに自身も恩恵を受けていると感じました。

マウントフジフラワーエッセンスのエネルギーは私にも働きかけ、セッション後、疲れが全くありませんでした。


リーディングの際、今までのセッションでリーディングしたり、リーディングしてもらったお花の色が、同じ系統が多かったので、色のエネルギーも作用しているのでしょうか。


練習でクライエントをしてくれた娘に、ミックスボトルを飲み終えたあと、再度、テーマとリーディングされたボトルのメッセージを読んでもらった感想・体感を尋ねたところ、
「良い方向に向かっていると確信が出来るようになっている。テーマ意外にも何かが自分の力になってくれていると思う。」
と話してくれました。


シェアリングのステージの際に、リーディングしたお花からのメッセージを感じてもらうと、「ピンとこない。」とお話されることがあります。

私自身も、自分のボトルリーディングで、テーマとはそぐわない印象のお花からメッセージをもらうことがあります。

そこには、テーマの奥に潜んでいる、自分では気づいていない過去の出来事で負ったおおきな心の傷、いつも抱えている負の感情、そこが癒されれば、同じようなパターンで躓くことはなくなるという裏メッセージを伝えてくれているのだと思います。


また、「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」を受講したセミナールームや、フルセッションの練習のためにお借りしたセッションルームは、「ここでゆっくりとくつろぎたい」とリラックスできる空間が用意されていました。

クライエントが自分の内側に集中し、ボトルと向き合えるために、場の設定は、とても大切な準備のひとつだと感じました。



●「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」受講後の体験(2)
【講座でリーディングされたミックスボトルを使った体験】
今回の「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」のペア実技で、リーディングして頂いた私自身のミックスボトルのテーマは、
「ワクワクに従って行動をする」

出来ない理由を並べ、未来を心配したりせず、「今」の気持ちを軸に行動することをテーマにしました。

その中でリーディングされた「ノビル」は深い孤独感を癒し、「シロバナタンポポ」は男性性エネルギーの抑圧・父親への否定的感情をサポートしてくれるお花たち。

一見テーマとの関係性が見られないようですが、長年、根深く傷ついている感情が、テーマ達成のためには支障をきたしているのかもしれません。

これらの意味に触れた時、自分の想像以上に、これらの感情に傷ついていることを改めて客観的に認識しました。


また、ミックスボトルを使用することによって、出会いや出来事の体験が、良い悪いに関係なく自身に起こり、内側の気づきを助長してくれることがあります。 

この「マウントフジフラワーエッセンス基礎集中講座(パート2)」の1週間後に、ハートサポートシステムさんで開催された「フラワーエッセンスとエネルギーの世界体験の集い〜無料スペシャルメニュー〜」に参加したことは、正に今の自分の内側の琴戦に触れる体験と出会いでした。

ベテランのフラワーエッセンスセラピスト®の方々との出会い、娘の高校の同級生の保護者の素敵なお母様との出会い、地元なのに知ることもなかった深い静寂な濃い緑に覆われた場所に訪れ、初めての護摩法要への参加で、厳しい修行を満行されたお坊さんのご配慮で、護摩木を自身の手で炎の中に投じさせて頂いたことは、少し前の私には想像が出来ない出来事でした。

そして、その帰りの夕刻の空の美しさは忘れられません。

夕日から何本も放射されているような雲の線、太陽を取り囲むように左右に現れた幻日の虹色の光(縦に現れる虹)。

この日に見たもの、感じたもの、起こったことを、受け止める1日でした。


また別の日に、素敵な女性を友人から紹介され、今までとは違う形での出会いが用意されていたかのようです。


体験したことがない出会いや出来事は、今までとは異なった自分の価値観や判断を新たなる方向へと繋げてくれました。

まさに、「リュウノウギク」からのメッセージの「気づきと終了」。

年内で仕事を辞めると声を出して表現すると、新たなものがちゃんと用意されて、それに気づき、起こっていることをジャッジせずに受け入れることができたことは、自分でも驚く変化でした。


今年の前半は義父が亡くなったこと、後半はフラワーエッセンスの学びと出会い、生活環境、人間関係とが猛スピードで大きく変わっていきました。

そして、学びながら、自身がフラワーエッセンスのサポートを受け、この大きな変容の期間中の不安を手放しながら、充実させることができました。


今、フラワーエッセンスをリーディングするなら、同じテーマでも、リーディングされるボトルが違うのだろうなと思います。

お花のメッセージから自分の内側の変化に気づいてゆくのが楽しみです。